カテゴリ
全体
研究本
雑誌
キングが影響を受けた作家、作品
キングに影響を受けた作家、作品
キング絶賛
その他の関連書籍
その他のキングネタ
音楽辞典
映画
メモ
コレクション
情報
ダーク・タワー
ジョー・ヒル
読書日記
雑記
・音楽
・園芸
・映画
・レゴ
・梨木香歩
・マンガ/アニメ
・ケーキ
・Perfume
・手足ふと短まるこい動くモノ
キング堂 ブログ支店について
スティーヴン・キングに関連する書籍の紹介を中心に、とりとめもなくあれこれと

別館CDレーベル・アルバムもよろしく



フォロー中のブログ
見てから読む?映画の原作
映画・読書日記
SOUL MUSICを聴こう
読書記録゛(どくしょきろぐ)
『どBlog』
LEGO BloG - ...
Web読書手帖
退屈男と本と街
クロムハーツ的考
族長の初夏
きょうのわたくし
超音速備忘録
873仮設所
活字中毒者の小冒険:本の...
I Can Hear M...
Musiquarium
Bird's Shies...
Dalmatian Do...
手足ふと短まるこい動くモノの会
梅田ではたらく社長のblog
サッチモ 週末日記
she's inn
尾びれのついた話
やっぱりLEGOがすきでした


<   2014年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧
マックス・ランディスはキングファン
脚本家が語る、超能力映画『クロニクル』が昨今のスーパーヒーロー映画とは一線を画する理由

やっと見ました『クロニクル』、世間では「実写版AKIRA」と言われていますが、キングファンとしては「男子版キャリー」と言いたいところ。脚本家のマックス・ランディスがインタビューで『キャリー』やキング(の映画作品)に言及しています。
僕が『クロニクル』を書いたのは、「力」を持った者たちが迎える道は決まっていないと、映画を通して示したかったから。この映画は、『キャプテン・アメリカ』よりも『キャリー』に近いかもしれない。『キャリー』のキャリーはヒーローじゃなかったし、『シャイニング』のダニー・トランスも違う。『クロニクル』の主人公であるアンドリュー、マット、スティーヴもヒーローかどうかはわからない。僕は、よくある構成とは違ったキャラクターたちに焦点を当てた映画を作りたいと常々思っているんだ。
『クロニクル』はスティーヴン・キング作品のような映画ではないけど、間違いなく、よくある映画にはないエッジがある。僕はスティーヴン・キングの大ファンだから、彼の映画にあるエッジを取り入れたかった。とにかく、このストーリーにはファンタジーのような世界は存在しない。最終的な結果は、橋から落っこちる女の子を救う『スパイダーマン』のようにはならない。よりシリアスな結果がそこにはあるんだ。
ありふれた枠組みを用いながら(決して無理やりではなく)他とは違った物語を作り上げるキングに憧れる人は、特に作り手側に多いのかも。今更ですが、マックス・ランディスって、ジョン・ランディスの息子なんですね!

クロニクル [Blu-ray]
クロニクル [Blu-ray]
[PR]
by kingdow | 2014-04-26 12:54 | その他のキングネタ
パンダキーパー

シュールすぎる・・・

Inside the giant panda research centre - in pictures
[PR]
by kingdow | 2014-04-26 12:35 | 雑記
あぶないあぶない
何も予定の無い週末。久しぶりにDVDを借りに行った。一番見たいのは『クロニクル』、その次は・・・Cabin in the Woodsの邦題なんやったっけ、ああそのままか。


あれ、ほんまにタイトルそのままやったかな?1本しかないのもおかしいな、原題は"RESOLUTION"・・・・って違うやん!ふう、あぶないあぶない。

そしてふと横を見ると


最高・・・・

レンタル屋にはトラップがいっぱい。気をつけなはれや!
[PR]
by kingdow | 2014-04-20 07:16 | ・映画
King for a Day
LAのHero Complex Galleryにて"King for a Day"という展覧会が開かれていたそうです。キングの作品、映画化作品に触発された作品が並び、購入することもできるとのこと。現在でもまだ売れていない作品は
Hero Complex Galleryで買えます。売り上げの一部はThe Haven Foundationに行くそうです。

全作品の中から「もし買えるならこれが欲しいベスト5」を選んでみました。





絶対買わないけどこの二点は楽しいですね。



作品一覧はこちら
King for a Day facebook
スティーブン・キング・アート・ショー 23P 芭蕉blog
Artists pay tribute to Stephen King's twisted legacy of horror
King For A Day at Hero Complex Gallery
King for a Day, An Art Show Tribute to Author Stephen King at Hero Complex Gallery in Los Angeles

[PR]
by kingdow | 2014-04-13 15:30 | その他のキングネタ
リアル・ワンルーム・ディスコ
娘が第一志望の東京の大学にまさかの無事合格し、この春から一人暮らしをはじめました。昨年の11月には既に決まっていたものの、家財道具の買い物などは発送の都合もあり、どうしても直前になってしまうので3月はもうバタバタでした。おまけに今年は消費税アップ前の駆け込み需要のせいで家電は値上がるし、物流大混雑で期日にPCは届かないし、ちゃんとサービス開始されている地域であることを確かめていたのにWiMAX2+は全く使えないしでもう・・・

娘は合格してからはとにかく嬉しいとずっと喜んでいたけど、昨年末に一緒にPerfumeのライブに行った時には「ワンルーム・ディスコ」で涙し、ラストの曲で降ってきた風船に書かれていたあ~ちゃんのメッセージを見て号泣していました。
a0007287_1412245.jpg

そして帰り道にぽろっともらした「本当は不安もいっぱいやねん。でもこのあ~ちゃんの言葉を胸にがんばるわ」との言葉は忘れられません。親の言うことなど右から左ですが、Perfumeファンは「あ~ちゃんの言うことは聞く」が原則なのできっと大丈夫でしょう。

今時だなと思ったのが、入学前から「新入生LINE」でみんなが交流していること。それで会わないうちから友達ができて、デジタルネイティブは違うなと。学校以外でも東京にはTwitterつながりの友達もいるので、少なくとも孤独ではないことは確かのよう。

娘が生まれたのは1995年。お腹の中で阪神・淡路大震災を経験した子供がもう大学生。そしてこんなに早く家を出てしまうなんて。

新しい場所でうまくやっていけるかな
たぶんできるはずって思わなきゃしょうがない

・・・娘はうまくやっていけるとして、仕送りと高額な学費、本当に大丈夫かな?
[PR]
by kingdow | 2014-04-13 15:30 | 雑記
Perfume 4th Tour in DOME 「LEVEL3」は最高傑作
昨日ようやく『Perfume 4th Tour in DOME 「LEVEL3」』を見ました。もう一言で済みます。「最高傑作」です。WOWWOWで見たから必要ないって? あんなものは単なるダイジェスト、予告編にしかすぎません。

今まで彼女たちはその物語性で多くのおっさんたちファンを泣かせてきましたが、今作ではかっこよすぎて涙が出るという事態に。2曲目から既にやばいがやはりハイライトは「Party Maker」、かしゆかの止めポーズで涙腺崩壊、「Spending all my time」ののっちのせり上がりに戦慄、大掛かりな演出、最先端の技術で魅せたすぐ後の、それらに全くひけをとらない「コンピューターシティ」の強度、あ~ちゃんのMCの冴えっぷり、ドームでさえもう自分たちのホームにしてしまった貫禄と最高の笑顔。ブルーレイ最高!! いやもうたまりません。

ひとつだけ文句を言うとしたら・・・・京セラはリハーサルやったんかい・・・・まあ仕方ないですね。これには収録されていない「靴下」が見れたからいいもんね。

それにしても、アルバムはもちろんシングルでもインタビューやTV局、ラジオ局回りをするのに、映像作品ではそうしたプロモーションを行わないのが不思議です。業界の旧態依然とした考え方のせいなのか、もったいないと思います。

それとこんなものも。
Perfumeグローバルサイトでドームツアー3D演出追体験

会場で3Dスキャンしてもらったので遊んでいます。
a0007287_1522842.jpg

a0007287_1523490.jpg

a0007287_15232426.jpg

Perfumeにつままれたぁぁぁーーー・・・昨日の鬱モードはどこへ?

Perfume 4th Tour in DOME 「LEVEL3」 (初回限定盤) [Blu-ray]
[PR]
by kingdow | 2014-04-13 15:30 | ・Perfume
千年万年りんごの子
先日ようやく『千年万年りんごの子』、完結の3巻を読みました。千年万年りんごの子(1) (KCx ITAN)
1巻ではこんなにぼーっとしていた男が・・・
千年万年りんごの子(3)<完> (KCx ITAN)
3巻ではこの顔! それだけでももう胸熱。1巻、2巻があまりに素晴らしかったので正直読むのが怖かったけど、田中相さん舐めてましたすいません、予想をはるかに超えて今年のベストどころか生涯ベスト10にも余裕で入る程のレベル。歳のせいかちょっとしたことでも涙が出るので、単に泣いた程度ではもはやどうということもないのですが、これは号泣を超えて嗚咽、ぐぅうえっ、とかぅふをををーーんとか声が漏れたのにはさすがに自分でも驚きました。

どうか解釈とか分析など止めて、心を開いて物語を受け止めて欲しい。普段は頭で作られた決まりごとの世界で暮らしていて、感情の漣が立つことはあれど心ってどこにあるん?な状態でも、優れた物語にはそれを動かす力があり、そして心を動かされることはものすごい快感でもあり・・・カタルシスと言ってしまえば身も蓋もないですが、そんな力を持った物語にはそうそう出会えるものではありません。なにより言葉に頼りすぎず表現力のある絵で魅せる、マンガならではの魅力にあふれた、良いマンガを読んだと実感できる作品です。

自分が嗚咽したのは実は本編ではなく番外でしたが、これを読んだ後もう一度1巻から読み直したらまたかなり印象が変わるはず。幸い明日は誰もいないし心置きなく・・・
[PR]
by kingdow | 2014-04-12 23:07 | ・マンガ/アニメ
3月のまとめ
『屍の王』、すごく良いのに何故かときめかない。疲れてる?ごめんなさい。
『巷説百物語』、これも文句なしの面白さ、でもはまれなくて寂しい。
『不死身ラヴァーズ』、まさかの失速、というより単なる出落ち?
『鳴門秘帖』、今の感覚で読むと古臭いしテンポも悪いけど、おおらかで品もあり読んでいて心地よい。続きが楽しみ。あ、小説が下品で小賢しくなるのは読者のせいか・・・

「試聴機マジック」ってあると思いませんか? 店頭の試聴機で聴いた時には「これはいい!」と思ったのに、家に帰って聴いてみると「あれっ、おかしいな?」みたいな。最近は実店舗に足を運ぶ機会も減ったので、試聴はもっぱらYouTubeですが、ここでもやはり「あー、つべで聴いたときはぐっときたのに・・・」という現象が起こります。不思議ですねえ。いや、そんなに悪くはないけど、なにかその、なMogwaiでした。

David Bowie は罪な奴だ。あなたのせいでどれだけ多くの人間が道を誤ったことか。「かっこいい」と「かっこつけ」の絶望的な差。「かっこいい」の上限がブライアン・フェリー程度なら後の世界はもっと穏やかのものになったのに。

3月は公私共に忙しかったせいで鬱モードか、と今読み返して思いました。そんなことはない、はず。

鳴門秘帖(一) (吉川英治歴史時代文庫)
吉川 英治 / 講談社 (1989-09-04)
巷説百物語 (角川文庫)
京極 夏彦 / 角川書店 (2003-06)
不死身ラヴァーズ(3)<完> (少年マガジンコミックス)
高木 ユーナ / 講談社 (2014-03-07)
ONE PIECE 73 (ジャンプコミックス)
尾田 栄一郎 / 集英社 (2014-03-04)
屍の王 (角川ホラー文庫)
牧野 修 / 角川書店 (2004-09)
STASH MUSIC VIDEOS COLLECTION
ナイン・インチ・ネイルズ , シェリル・クロウ / ナウオンメディア(株) (2008-04-25)
Rave Tapes
Mogwai / Hostess Entertainment (2014-01-20)
Rise & Fall of Ziggy Stardust: 40th Anniversary ed
David Bowie / Virgin Records Us (2012-06-03)

[PR]
by kingdow | 2014-04-12 23:06 | 読書日記



スティーヴン・キング関連書籍専門取り扱い
by kingdow
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新のトラックバック
『クラウド アトラス』お..
from 作曲♪心をこめて作曲します♪
『ロックと共に年をとる』..
from Roko's Favorit..
Perfume 最新情報..
from Nowpie (なうぴー) ..
映画「宇宙人ポール」たま..
from soramove
古典の新訳、
from 雑学的ブログ
『バルタザールの遍歴』 ..
from Roko's Favorit..
「エンジェル・ウォース..
from アタシ、洋画・洋楽・ゴシップ..
ロボットの進化とロボット..
from ロボットの進化とロボットアニ..
あけましておめでとうござ..
from Roko's Favorit..
スティーヴン・キング ハ..
from とっぽい。
以前の記事
2016年 08月
2016年 05月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
タグ
外部リンク
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧