カテゴリ
全体
研究本
雑誌
キングが影響を受けた作家、作品
キングに影響を受けた作家、作品
キング絶賛
その他の関連書籍
その他のキングネタ
音楽辞典
映画
メモ
コレクション
情報
ダーク・タワー
ジョー・ヒル
読書日記
雑記
・音楽
・園芸
・映画
・レゴ
・梨木香歩
・マンガ/アニメ
・ケーキ
・Perfume
・手足ふと短まるこい動くモノ
キング堂 ブログ支店について
スティーヴン・キングに関連する書籍の紹介を中心に、とりとめもなくあれこれと

別館CDレーベル・アルバムもよろしく



フォロー中のブログ
見てから読む?映画の原作
映画・読書日記
SOUL MUSICを聴こう
読書記録゛(どくしょきろぐ)
『どBlog』
LEGO BloG - ...
Web読書手帖
退屈男と本と街
クロムハーツ的考
族長の初夏
きょうのわたくし
超音速備忘録
873仮設所
活字中毒者の小冒険:本の...
I Can Hear M...
Musiquarium
Bird's Shies...
Dalmatian Do...
手足ふと短まるこい動くモノの会
梅田ではたらく社長のblog
サッチモ 週末日記
she's inn
尾びれのついた話
やっぱりLEGOがすきでした


<   2012年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧
ダーク・タワーのカスタム・ミニフィグ
Tom LeechさんのFlickerで公開されている「ダークタワー」のカスタム(改造)・フィグが凄いんです。

ローランド
a0007287_10412279.jpg


銃はちゃんと白檀のグリップ
a0007287_10431373.jpg


エディ
a0007287_10433992.jpg


ジェイク
a0007287_1044079.jpg


スザンナ
a0007287_10445649.jpg


クリムゾン・キング
a0007287_10461526.jpg


カーラの狼
a0007287_10465575.jpg


ガッシャーまで!
a0007287_10481817.jpg


他にキング関連ではジャック・トランスさんも。
a0007287_10511571.jpg


レゴのカスタム・フィグに興味が無い方には、この質の高さ、出来の素晴らしさが伝わらないかと思いますので、比較のために一般的なものをひとつ。
a0007287_10565093.jpg

これも上手いほう、というか普通に手塗りならこんなものです。トムさんどうやって塗ってるんだろう?
ちなみにトムさんはミュージシャンのようです。

http://tomleech.com/
[PR]
by kingdow | 2012-08-27 11:00 | ダーク・タワー
サマソニ大阪 2012/8/18
昨日は三宮からツアーバスで会場へ。高速の舞洲出口前から渋滞なのは仕方ないとして、添乗員がアホで駐車場を間違えたり、リストバンドの交換場所もわかってなかったりで朝からついてない。でもなんとか間に合ってのVINTAGE TROUBLE、あの暑さの中メンバーは長袖シャツにネクタイに黒ベスト、ボーカルの人はビシッとスーツで登場。その姿を見ただけでイライラもふっとぶ。いかにも場数踏んでますな感じの煽りのうまさ。たぶんCDも聞いてない客が多いだろうに、簡単なフレーズを歌わせたりも。演奏もタイトで文句無し。次は室内、小さなライブハウスで見たいものです。しかし暑い。太陽ギラギラ。

その後、とにかく腹ごしらえとオアシスへ。豚トロ丼食べてからオーシャン・ステージに向かうと既にGYMCLASS HEROESが始まってる。前を素通りしてシシド・カフカに行こうと思ったのに、カッコ良くて足が止まる。彼らの曲もfeat.なんちゃらが多いからライブではどうするのかと思っていたら、ただ音源流してるだけでした。全体聴いての印象は、流行りっぽいポップなものより、もっとロック寄りにいったほうが良いのではと思った。ほとんどポリスみたいな構成の曲もあったし、売れ線にこだわらずもっと幅広く・・・というわけにもなかなかいかないんでしょうね。相変わらず太陽ギラギラで暑いけど、なんか慣れてきた、平気やわ。おっさんなのに冷え症で寒さには滅法弱いけど、暑いのは平気な体質を活かせる時がやっときたのか、ああなんでもっと早く夏フェスに行かなかったんだろう、というが自分が若いころから夏フェスがあったらよかったのに。

そのまま居残りでプリプリ。前から10列目くらいで左寄りの位置で。次はかしゆかがこのあたりか?と妄想しながらベースの人をつい見てしまう。意外と楽しい。そういえば彼女たちが活躍していた頃は、ギリギリ「ヒット曲ならみんなが知ってる」時代だったのでは。昭和懐メロ歌謡バンドとして堪能しました。途中から風が吹きはじめてますます快適。この時はまさかこのプリプリが、この日最も良い場所でじっくり楽しめたアクトになるとは夢にも思わず・・・

プリプリが終わると圧縮がはじまる。なんだかんだで前から5列目ぐらいに。前は背の低い人ばかりで視界は超良好。ずっとこのままなら最高なのに、でもそんなわけはなかった。出囃子のTake OffがはじりPerfumeが登場すると、後ろから押されるわ横からも圧がかかるわでぐしゃぐしゃに。続くレーザービームはまだなんとか見れたものの、Spending all my timeはもまれもまれてほとんどまともに見れず。続くポリリズムあたりでようやく安定。その頃には、上半身裸で屈強そうなあんちゃんが離脱というお決まりのコピペのような光景が。しかしPerfumeをそばで見るのは比喩でなく命がけですわ。モッシュ地帯でこけたりしたらと思うとガクブル。でも単独ライブではこんなに近くで見れなかったもんなあ。かしゆかの笑顔がまぶしすぎてそっちでも死にかけ。

スパイスに続いてここではやらないと思っていた、RIJに行った奴らうらやまし過ぎだと思っていた、まさかのSEVENTH HEAVENでまたも昇天。PTAのコーナーの途中から雷がごろごろ。あ~ちゃんの「夏の扉」最高、フルで聴きたい。しかしここで落雷警報? とかでまさかの中断!! あと少しなのにぃぃぃぃぃぃぃ。しかたなく避難場所に向かう背中に大粒の雨が追い打ち、あれっ? 痛いんですけど? 下を見たら氷つぶ・・・雹ですやんもう(号泣) ↓これはひろった画像。「Perfume龍を召喚す」の図。
a0007287_874283.jpg


前日もとにかく暑かったので、日焼け止め、塩飴、冷感スプレイ、扇子、凍らせたペットボトル2本等、猛暑対策はしっかりしていったのに、雨カッパはこの天気ならいらんだろうと持たなかった自分を呪う。パンツまでぐしょ濡れ、靴にも浸水でガボカボ。寒い。

1時間以上たって(2時間説もあり)からようやく再開。中途半端な位置でステージもビジョンもろくに見えず。結局チョコレイト・ディスコ1曲でFAKE ITもMY COLORもなし。不完全燃焼でやりきれず、ヤケ氷結と広島焼きで一服。いったん上がった雨がまた振りだして、なかなか止まないのですっかり虚脱感にとらわれる。タイムテーブルも乱れてどうなってるのかさっぱりわからない。妻や娘とのメールで少し気分を上げて、休憩所でKE$HAを聴きながらJAMIROQUAIを待っていたら、ジェイ・ケイが具合が悪いとかで中止のアナウンスが。ピットブルも中止だったらしいし、メイン・ステージで2組も中止とか。もうやだ。

文句ばかり言ってもしょうがねえ、気を取り直して NEW ORDERに向かったけど、こちらもかなり時間がずれるとのことで、またオーシャン・ステージに戻ってリアーナ待ち。いつの間にかおおげさなセットができてるし。30分ほど待ってようやくスタート。ああ夜のステージはやっぱりいいな。照明が美しい、両脇のビジョンもクリアだし。Perfumeも一番大きなステージの昼間より、別のステージのトリだったらよかったのに。レーザーも持ち込んでね。

登場した瞬間のリアーナ、ポーズといい表情といい、ビッグ・スターのオーラ出まくり。でも歌は・・・ヘタではないけど雑。7割以上の力は出しませんよみたいな感じ。激しく踊るわけでもないんだからもう少しちゃんと歌って欲しい。3曲目ぐらいで、きっと最後までこんな感じなんだろうと予想できて冷める。それに、変なノリの客(どうせ酔ってる)も多くて不快になったので離脱。NEW ORDERへ。

リアーナの客層が肉食系としたらNEW ORDERはみごとに草食系、落ち着きます。「天気のせいで遅れてごめんね」的なごにょごにょしたバーニーのMCではじまった演奏は・・・・あれっ? 上手いじないですか? フッキーが抜けたことを直前まで知らなくて、ベースの若い兄ちゃんが普通に上手い。なぜかちょっとがっかり。バーニーの歌はお世辞にも上手いとは言えないけど、リアーナよりはずっと誠意を感じる。2曲ほどギター持たずに歌う姿が妙にかわいい。最後のあの曲の時、後ろのスクリーンに出た言葉に全おやじ&おばはんが泣いた。NEW ORDERってこんなにかっこよかったんだ。再発見というより、今まで彼らの魅力に気が付いていなかったことがわかっただけでも大きな収穫、いろいろあった1日だったけど、最後のNEW ORDERで大満足。来てよかった、楽しかった、来年も調子に乗って行くかも。

昨日の教訓、かしももは至高・・・じゃなくて野外ライブは雨カッパ必携。でもおかげで着替え用にPerfumeのツアーT買えた(単独ライブの時に娘に2枚も買わんでいいとたしなめられて泣く泣くあきらめたもの)からいいんですけど。

追記 帰ってから、大阪の別の野外ライブでは落雷で1人死亡というニュースを知りました。御冥福をお祈りします。
[PR]
by kingdow | 2012-08-19 09:08 | ・音楽
サマソニ MY TIMETABLE
11:00~VINTAGE TROUBLE 
だけどその前になんか食べたい。
12:05~ GYMCLASS HEROES 
もしあまり面白くなかったらシシド・カフカに移動
この後が最大の悩みどころ、体力温存して後方で楽しむか、前で見るために我慢して残るか?
14:05~ Perfume!!!
終了後は氷結飲みながら休憩
15:55~ AZEALIA BANKS
17:50~ JAMIROQUAI
終わるちょっと前に抜けて
19:00~ NEW ORDER
やはりどれぐらいヘタなのか確認しないと! どこで抜けるかは気分しだい
19:30~ RIHANNA
TEARS FOR FEARSも気になるけど、よっぽとひどくない限りはここで終了。

ほんまにこんなに見れるのかな? 体力が保つのかな? とにかくはじめての夏フェス、(パフュ以外は)無理せず楽しんできます。

おまけ
Perfumeセットリスト予想

1.GLITTER
2.Spending all my time
3.ポリリズム
4.NIGHT FLIGHT
PTA
5.FAKE IT
6.Hurly Burly
7.チョレイトディスコ
8.MY COLOR

予想と言うより願望です。これに「ポイント」も入ったら、Perfume終りで帰ってもいいレベル。

Spending all my time (初回限定盤)(DVD付)
Spending all my time (初回限定盤)(DVD付)
[PR]
by kingdow | 2012-08-14 08:53 | ・音楽
7月のCDまとめ
Talk That Talk/RIHANNA
Talk That Talk
サマソニ予習用。もっと機能的かと思っていたけど、ルーツ的な曲もあり、意外とおとなしい。ふりきっちゃえばいいのに。

Bomb Shelter Sessions/Vintage Trouble
Bomb Shelter Sessions
こちらもサマソニ予習用。目新しさは全くないけど、それでも良い。評価はボーカルに集中するだろうけど、ギターもかなりいい。ライブ楽しみ、だけど野外で午前中って感じではないよね。

Gossamer/Passion Pit
Gossamer
前作が大好きだった人は最初がっかりすると思うけど、何度も聴いているとじわじわくる。マイケル・アンジェラコスは現代最高のポップソング・ライター。サウンドも好みだし、今年一番の愛聴盤になりそう。2曲目の" I'll Be Alright"なんかはライブで盛り上がるんやろな、なんでPerfumeと同日じゃないんだグギギ。ずっと聴いてて、好きになって、ふと前作を聴くと・・・やっぱり「Manners」は傑作すぎる。もしこれから買うなら絶対
Limited Editionがおすすめ。

Antennas To HellHELL/Slipknot
Antennas To HellHELL [2CD+DVD SPECIAL LIMITED EDITION]
クラウンによると「ベストじゃねぇし」ってことらしいんですけど(笑) スタジオ・ベスト、ダウンロード・フェスのライブ、全20曲+ドキュメント(まだ見てないんで?です)のDVDとてんこ盛りの3枚組で、輸入盤なら2千円程度。安い! ほんとはSlipknotがサマソニのヘッドライナーやったら嬉しかったんですが。次の来日時には絶対行くぞ!
[PR]
by kingdow | 2012-08-05 12:46 | ・音楽
7月の本まとめ
暑いのには強いので食欲不振などは無縁ですが、何故か読書欲減退中。スマホは読書の敵だ。♯prfmのツイートと本スレと2chまとめで通勤時間が終わってしまう。スマホのせいばかりでもなく、集中力が落ちた感もあるし。本を開くとやたら眠たくなるんです。まあ長い人生こういう時もあるさと思いつつ、山ほどある読みたい本と残りの時間が気にもなったり。それよりも『たんぽぽのお酒』が見つからない、困った。

期間 : 2012年07月
ROCKIN'ON JAPAN (ロッキング・オン・ジャパン) 2012年 09月号 [雑誌]
ロッキング・オン (2012-07-30)
開かせていただき光栄です―DILATED TO MEET YOU― (ハヤカワ・ミステリワールド)
皆川 博子 / 早川書房 (2011-07-15)
少年ノート(3) (モーニング KC)
鎌谷 悠希 / 講談社 (2012-05-23)
火星年代記 (ハヤカワ文庫SF)
レイ ブラッドベリ / 早川書房 (2010-07-10)
チェーザレ 破壊の創造者(9) (KCデラックス)
惣領 冬実 / 講談社 (2012-04-23)
10月はたそがれの国 (創元SF文庫)
レイ・ブラッドベリ / 東京創元社 (1965-12-24)
幽霊はなぜ出るか
石井 明 / 平凡社 (1998-06)
もののけの正体―怪談はこうして生まれた (新潮新書)
原田 実 / 新潮社 (2010-08)
現代民話考〈7〉学校・笑いと怪談・学童疎開 (ちくま文庫)
松谷 みよ子 / 筑摩書房 (2003-10)

[PR]
by kingdow | 2012-08-04 07:16 | 読書日記



スティーヴン・キング関連書籍専門取り扱い
by kingdow
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新のトラックバック
『クラウド アトラス』お..
from 作曲♪心をこめて作曲します♪
『ロックと共に年をとる』..
from Roko's Favorit..
Perfume 最新情報..
from Nowpie (なうぴー) ..
映画「宇宙人ポール」たま..
from soramove
古典の新訳、
from 雑学的ブログ
『バルタザールの遍歴』 ..
from Roko's Favorit..
「エンジェル・ウォース..
from アタシ、洋画・洋楽・ゴシップ..
ロボットの進化とロボット..
from ロボットの進化とロボットアニ..
あけましておめでとうござ..
from Roko's Favorit..
スティーヴン・キング ハ..
from とっぽい。
以前の記事
2016年 08月
2016年 05月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
タグ
外部リンク
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧