カテゴリ
全体
研究本
雑誌
キングが影響を受けた作家、作品
キングに影響を受けた作家、作品
キング絶賛
その他の関連書籍
その他のキングネタ
音楽辞典
映画
メモ
コレクション
情報
ダーク・タワー
ジョー・ヒル
読書日記
雑記
・音楽
・園芸
・映画
・レゴ
・梨木香歩
・マンガ/アニメ
・ケーキ
・Perfume
・手足ふと短まるこい動くモノ
キング堂 ブログ支店について
スティーヴン・キングに関連する書籍の紹介を中心に、とりとめもなくあれこれと

別館CDレーベル・アルバムもよろしく



フォロー中のブログ
見てから読む?映画の原作
映画・読書日記
SOUL MUSICを聴こう
読書記録゛(どくしょきろぐ)
『どBlog』
LEGO BloG - ...
Web読書手帖
退屈男と本と街
クロムハーツ的考
族長の初夏
きょうのわたくし
超音速備忘録
873仮設所
活字中毒者の小冒険:本の...
I Can Hear M...
Musiquarium
Bird's Shies...
Dalmatian Do...
手足ふと短まるこい動くモノの会
梅田ではたらく社長のblog
サッチモ 週末日記
she's inn
尾びれのついた話
やっぱりLEGOがすきでした


<   2010年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧
STAR WARS Starring You!
a0007287_70275.jpg

STAR WARS Starring You!

『帝国の逆襲』30周年(思わず遠い目に・・・・)ということで、こんなお遊びが。ルーク、ハン・ソロ、レイア、ランドの顔を好きな画像に入れ替えて遊べます。画像の入れ替えがちょっと面倒ですが、それが出来た時点で爆笑必至。というか最初からハンの髪が変やし。お暇な時にぜひ。

『帝国』も好きだけど、なんといっても最高なのは『ジェダイ』という(私と同じ)少数派なあなたにはこちらを。

Ewok Karaoke

ずーっと気になっていたけどこんな歌詞だったのか!(ほんまかいな) 覚えて皆で歌おう!Yub Nub!

スター・ウォーズ エピソード5 帝国の逆襲 リミテッド・エディション [DVD] スター・ウォーズ エピソード6 ジェダイの帰還 リミテッド・エディション [DVD]
[PR]
by kingdow | 2010-05-29 07:36 | ・映画
LEGO 8684 Collectable Minifigures (Series 2)
a0007287_731736.jpg

LEGO 8684 Collectable Minifigures (Series 2)
日本ではシリーズ1もまだ発売されていない(自分も予約の確定ができていない)のに、もうシリーズ2ですか。マイク、ダンベル、トロフィー(?)、レコード(?)、マラカス、ファラオの杖(?)なと小物の充実ぶりがすごい。これも日本ではガチャになるのかなあ。
[PR]
by kingdow | 2010-05-22 07:15 | ・レゴ
最近見たDVD
イングロリアス・バスターズ
イングロリアス・バスターズ [DVD]
仕事を愛し、情熱的で、部下(役者)の個性や長所を引き出すのが巧い。タランティーノって理想的なボスかも。相当変な映画なのに、まともな大作に見えないこともないのが不思議。メラニー・ロランに惚れた。DVDには「国家の誇り」(フルバージョン)も収録されているので映画館で見た人もどうぞ。

スペル
スペル コレクターズ・エディション [DVD]
世間ではサム・ライミは「スパイダーマン」の人かもしれないけど、私ににとっては「死霊のはらわた」シリーズの人なので、やっと帰ってきてくれたことが嬉しくて。目玉ボーンとかドバーとかゲローとか、もう楽しいのなんの!家だから心おきなく「ひえー、うげー、ギャハハ」と声をあげて楽しめました。展開が丸見えなのも御愛嬌。ばあちゃん役ローナ・レイヴァーの怪演もいいけど、チョイ役の孫娘に惚れた。

THE 4TH KIND
THE 4TH KIND フォース・カインド 特別版 [DVD]
(ネタバレ有)
宇宙人なんて信じない。だいたい「人」ってなんなんだよ、想像力が貧困なのか、傲慢なのか。そんな私だけど、実は宇宙人がめちゃめちゃ怖い・・・自分でもなんでやねん、だけど本当だからしょうがない。だから評判の悪い「サイン」も好き。そしてこの映画も楽しめました。というかそんな特殊な人にしか楽しめないでしょう。夜中に目が覚めて、それが3時33分だったらどうしようと思うともう。それにしても実際(ということになっている)の博士の顔がすごすぎて、それだけでも一見の価値あり。惚れないけど。そんな話を映画好きの後輩Mとしていたら、彼は以前、夢うつつで部屋にフクロウがいるのを見たことがあるんだとか。それって絶対・・・怖っ。

ファンボーイズ
ファンボーイズ [DVD]
傍から見るとスター・ウォーズ・ファンってこんなにイタイのか。自重します。いろいろありすぎてかえって書けない。スカイウォーカーランチの内部は本物?それが一番気になる。実際に厳重な警備をかいくぐって侵入するファンがいるそうで。そうか、カタギになることはダークサイドに堕ちたということなのか。イニシエーションの旅の高年齢化が気になる。メイキング見たいからDVD買おうか。紅一点のスレイブ・レイア・コスに、「自分のデス・スターを見つけろ」というメッセージに、こんなアホな映画に出てくれたあの人やこの人に、カーテンに、最後のセリフに・・・・めんどくせえ、この映画全てに惚れた。

カールじいさんの空飛ぶ家
カールじいさんの空飛ぶ家 [DVD]
おまけの「南米ベネズエラ冒険記」を見て、彼らはデス・スターを見つけたオタクか、それとも「ファンボーイズ」の連中はナードで「カールじいさん」のスタッフはギークなのか。(英語の「オタク」:ギークとナードの違いは?)そんなことはどうでもいいけど、いきなりぼろ泣きでこれも家で良かった。でもこれなら吹き替え、3Dで劇場で見たかったとも。ほんまにようできてるとしか言いようがない。奥さんに惚れた。子供が生まれてからは子供の写真ばっかりなのを反省。
[PR]
by kingdow | 2010-05-21 12:24 | ・映画
うらやましい
モスクワの街をゾンビたちが行進するイベント「The Meat Holiday」

The Meat Holiday in Moscow

Зомбифест 2010

ああうらやましい、自分もこの中にいたかった。以前(カナダだっけ?)にもこういうイベントがありましたが、今回のこれ、なにが凄いってこの参加人数! いーなー、いーなー。自分でメイクできるし、アプライアンスも作れるし、だから・・・でも日本じゃあ、とも思ってしまいます。
[PR]
by kingdow | 2010-05-20 07:28 | 雑記
Dio様逝く
ヘヴィー・メタル界を代表するシンガー、RONNIE JAMES DIOが死去

私がはじめて行ったロックのコンサートは、1976年12月のレインボー初来日公演。当時の私にとってのヒーローだったリッチー・ブラックモアに痺れたのは言うまでも無く、パワフルなコージー・パウエルのドラムとロニー・ジェイムス・ディオの圧倒的な歌唱力にも圧倒された。78年の2度目の来日も見に行った。

その後Dio様はレインボーを去り、私もハードロックから遠ざかってしまったけど、ヘビメタ好きの友人TにDio様と一緒に写った写真(身長180以上のTと並んだDio様は、どう見てもドワーフのようだった)を見せてもらったりしたせいか、強い印象をいつまでも持ち続けていた。

昨年は"Rising"のCDを買ったり、映画「テネイシャスD 運命のピックをさがせ!」でも健在ぶりを見ることができ、「あー、やっぱり自分にはスマートなZepより、レインボーがええわ。なんかこのごろDio様と縁があるな、近いうちに"On Stage"も買わないかんな」とか思っていたら・・・・・

ハードロックのボーカリストといえばハイトーンとシャウトが定番だけど、Dio様はそれとは違いじっくり聞かせるタイプで、唯一無二の表現力が最大の魅力。Dio様未体験の人はぜひ一度、"Rising"に収録の""Stargazer"を、あの延々といつまでも続くエンディング・パートを聴いてほしい。

しかし「ヘビメタ界の北島三郎」と呼ばれているとは知らなんだ。訃報でも名前より先にそれが出るのはいかがなものか。ともあれ心から御冥福をお祈りします。

Rising
[PR]
by kingdow | 2010-05-17 22:58 | ・音楽
4月のまとめ CD
Manners(Dig)/Passion Pit
Manners (Dig)
たまたまTVでThe ReelingのPVを見て一目/一聴惚れ。めちゃめちゃ気に入ってます。おっさんにもとっつきやすい80'sな音もいいけど、なにより曲が粒揃い。これだけ良い曲が書けたらそりゃどんなサウンドでもいけるわ。良メロの詰まったアルバム、という意味ではジェリーフィッシュ以来かも。

New Amerykah Part Two: Return of the Ankh/Erykah Badu
New Amerykah Part Two: Return of the Ankh
前作同様のカッコよさを期待していたので最初はがっかり。でも聞くたびに完成度が高く洗練された心地よさに惹かれて・・・でも彼女ならもっとできるはずという想いを拭うことができず、欲深くてごめん。

April-Uprising/John Butler Torio
April Uprising
ドラムとベースが変わってる!前の二人が好きだったからビックリ。でもここはバンドというよりジョンのプロジェクトにたいなものだからしょうがないか。音は若干ポップ度とギターのエレクトリック度が上がったかなという程度で、基本的には相変わらず。またライブが見たいけど、フジだけですか、そうですか。
[PR]
by kingdow | 2010-05-16 07:59 | ・音楽
4月のまとめ 本
『ディスコ探偵』、そのジャンルのダメなところを徹底的に晒しながら、なおかつそのジャンルの手法を使って乗り越えようとして、結果SFみたいになったりかなりグダグダなところもあるけど、愛に溢れていてスマートなメタなんとかよりよっぽど好き。『きみとぼく』人生初ライトノベル。この中2感をもっとシリアスにすれば舞城とも遠くない。何の基礎知識も無いお子たちにこれかよとも。『ニンギョウ』はわかるとか以前におっさんには無理。大好きという娘との溝を痛感。アイルランド行きてー。感違いが芸風の誰かさんはもう読まん。『WORLD WAR Z』と『ヒー・イズ・レジェンド』は別で書きたい、書くつもり・・・

ニンギョウがニンギョウ
西尾 維新 / 講談社 (2005-09-06)
グラン・ヴァカンス―廃園の天使〈1〉 (ハヤカワ文庫JA)
飛 浩隆 / 早川書房 (2006-09)
きみとぼくが壊した世界
西尾 維新 / 講談社 (2008-07-08)
本・雑誌
辻井 喬 , 鶴岡 真弓 / 北沢図書出版 (1994-12)
ドイツ幻想小説傑作選 ―ロマン派の森から(ちくま文庫 と-21-1)
今泉 文子 / 筑摩書房 (2010-02-09)
WORLD WAR Z
マックス・ブルックス / 文藝春秋 (2010-04)
ヒー・イズ・レジェンド (小学館文庫)
ジョー・ヒル , スティーヴン・キング / 小学館 (2010-04-06)
骸の爪 (幻冬舎文庫)
道尾 秀介 / 幻冬舎 (2009-09)
ブルース (角川文庫)
花村 萬月 / 角川書店 (1998-09)
ディスコ探偵水曜日(下)
舞城 王太郎 / 新潮社 (2008-07)
ディスコ探偵水曜日(上)
舞城 王太郎 / 新潮社 (2008-07)

[PR]
by kingdow | 2010-05-16 07:59 | 読書日記
The Horror Subway
a0007287_639116.jpg

The Horror Subway

Alex Andreevというアーティストの作品、雰囲気あって最高です。虫が苦手な人は閲覧注意。ここでも多くの作品が見れます。

ついでに↓にも馬のタヒーンが。
え?どうなってるの…違う意味に見えるおかしな写真18枚


おまけ 浮世絵追加
幽霊&怨霊の浮世絵画像を貼ってみる
[PR]
by kingdow | 2010-05-16 07:58 | 雑記
The American Universe of English
退屈な英語リーディング教材ほど,学習のさまたげになるものはない? めくる頁がとまらない,そんな読書体験を英語でしてみたい人のためのテキスト.スティーヴン・キングからネットのオピニオンまでを素材に,ダイエットのアメリカ,対テロ戦時下のアメリカ,それでも人を魅了するカルチャーと,文学を生み出すアメリカを,心憎いばかりの注のナビゲーションで読んでゆく.
昨日の新聞のサンヤツ広告で見つけたもの。東京大学出版会のサイトで目次を見ると「Session 2・臆病者は受動態を使え Mr. King’s Writing Class (Stephen King)」とあり、おそらく小説作法の一部が使用されていると思われます。

The American Universe of English―アメリカの心と交わるリーディング
The American Universe of English―アメリカの心と交わるリーディング
[PR]
by kingdow | 2010-05-10 07:39 | その他の関連書籍
浮世絵画像を貼ってみるシリーズが最高
浮世絵画像を貼ってみるシリーズがあまりにも素晴らしい。

召喚師の浮世絵画像を貼ってみる

妖怪の浮世絵画像を貼ってみる

水棲動物の浮世絵画像を貼ってみる

動物の浮世絵画像を貼ってみる

鳥の浮世絵画像を貼ってみる

どれもボリュームたっぷりで、じっくり見たらこれだけで一日つぶれそう。「召喚師」は資料としても充実している。北斎たまらん。ありがたや。

『暗黒の塔』好きには、タヒーンがいっぱい出てくる「動物」と「鳥」がたまらんでしょう。そうそう、タヒーンといえばちょっと古いけどこれもですね。
鳥人 -トリジン- について
[PR]
by kingdow | 2010-05-09 07:38 | 雑記



スティーヴン・キング関連書籍専門取り扱い
by kingdow
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新のトラックバック
『クラウド アトラス』お..
from 作曲♪心をこめて作曲します♪
『ロックと共に年をとる』..
from Roko's Favorit..
Perfume 最新情報..
from Nowpie (なうぴー) ..
映画「宇宙人ポール」たま..
from soramove
古典の新訳、
from 雑学的ブログ
『バルタザールの遍歴』 ..
from Roko's Favorit..
「エンジェル・ウォース..
from アタシ、洋画・洋楽・ゴシップ..
ロボットの進化とロボット..
from ロボットの進化とロボットアニ..
あけましておめでとうござ..
from Roko's Favorit..
スティーヴン・キング ハ..
from とっぽい。
以前の記事
2016年 08月
2016年 05月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
タグ
外部リンク
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧