カテゴリ
全体
研究本
雑誌
キングが影響を受けた作家、作品
キングに影響を受けた作家、作品
キング絶賛
その他の関連書籍
その他のキングネタ
音楽辞典
映画
メモ
コレクション
情報
ダーク・タワー
ジョー・ヒル
読書日記
雑記
・音楽
・園芸
・映画
・レゴ
・梨木香歩
・マンガ/アニメ
・ケーキ
・Perfume
・手足ふと短まるこい動くモノ
キング堂 ブログ支店について
スティーヴン・キングに関連する書籍の紹介を中心に、とりとめもなくあれこれと

別館CDレーベル・アルバムもよろしく



フォロー中のブログ
見てから読む?映画の原作
映画・読書日記
SOUL MUSICを聴こう
読書記録゛(どくしょきろぐ)
『どBlog』
LEGO BloG - ...
Web読書手帖
退屈男と本と街
クロムハーツ的考
族長の初夏
きょうのわたくし
超音速備忘録
873仮設所
活字中毒者の小冒険:本の...
I Can Hear M...
Musiquarium
Bird's Shies...
Dalmatian Do...
手足ふと短まるこい動くモノの会
梅田ではたらく社長のblog
サッチモ 週末日記
she's inn
尾びれのついた話
やっぱりLEGOがすきでした


<   2010年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧
あなたはショーシャンクの空にお知りになりました11日見どころ
ショーシャンクの空に願って、友情の永遠の物語であり、懲役刑はもちろん、。 Zihuatanejoの正しい発音を議論を任意のカルト映画と同様に、ショーシャンクの空ファンの熱狂的な軍隊であり 、 あいまいなフィルム事実を発掘。その刑務所の古典的なモデルのフィルム時代は、間違いなくショーシャンクの空 私達自身の刑務所のドラマシリーズのザラザラしたリアリズム の道を開く助け 、"セル"。 すべての時間は 、 おそらく最も記憶に残るの刑務所映画を記念して、以下の場合ショーシャンクの空には知られていない5月11日クールなもののリストを、どのように何回TBS系が見ていることがない問題です。し、それらを再度確認し 、 実際ショーシャンクの空バフのように見る。
・・・・なんのことやらですねすいません。

あなたが『ショーシャンクの空に』について知らない11のこと

こちらの元ネタが↓
11 Things You Didn’t Know About The Shawshank Redemption
このページを、最近GoogleChromeで毎度律儀にに聞いてくる「翻訳しますか?」の翻訳ボタンを押したら上のようになったわけです。11のなんとかよりこっちのほうが面白かったのでつい。

自動翻訳って相変わらずですが、これもそのうち進化するのでしょう。もしかしたらキンドルのようなリーダーで、自動翻訳で小説が読めるような時代が来るかもしれません。できれば誰々訳風、のようなオプションもできたらいいな。ジョン・アーヴィングの未翻訳作品を、「村上春樹風」でとか、とんがったSFを「黒丸尚風」でとか。そんな時代まで長生きしたいものです。それよりも誰々の声で読み上げてもらうほうがいいかも、その頃になると。
[PR]
by kingdow | 2010-03-29 12:40 | その他のキングネタ
今沢カゲロウ@Big Apple
以前紹介したBassNinjaこと今沢カゲロウのライブを見てきた。いくら凄腕のプレイヤーでも、ベーシストのソロパフォーマンスってどうなんだろう?と若干の不安もあったものの、いや~とんでもなかった、面白かった!

普通のプレイだけでも超絶なのに、ギターシンセとループマシンを使って、音色も音の厚みも自由自在。たとえばドラムっぽい音+普通にベース+ギター音とか、三味線+琴とか。驚異的に指を動かし、同時にエフェクターも操作し、「ハッ」とか、曲にあわせて「ダダダ~」など声も出し・・・・途中からものすごい大道芸人を見ているような気分にも。

プレイはおよそベースで可能と思われるものはなんでもあり、アルペジオでの弾き語りもあり、自分のテンポにメトロノームを合わせる「人間メトロノーム」(*)などという、可能とは思えないものまである。曲もオリジナルから、ジャズの名曲メドレー、ロックの名曲メドレー、パッヘルベルのカノンにひょっこりひょうたん島まで、こちらもなんでもあり。ただし元曲が原型をとどめていないのもあり、どころか多数。おまけにMCまでやや高速。「昆虫漫談」ともいわれる虫の話がわけがわからない面白い。

さらに、パフォーマンスだけでなく、機材のセッティングや物販までも全て1人(つまり御本人から直接CDを買える、サインと虫の絵付きで)で行い、それを年間200回以上こなすんだとか。

巧過ぎて、独創的過ぎて道を踏み外したベース馬鹿というか。もう少し枠の中に収まっていられるようなタイプだったら、もっと名を成したかもと思うけど、このままで、いや、もっと磨きをかけて欲しい。こんなに面白い人に出会えて幸せ。リピーターになります。

(*)あらかじめ曲のテンポを宣言、演奏を始め、途中からメトロノームを鳴らして、それが合っているか、というもの。もちろんピッタリ合っているし、常に同じ早さならまだしも、テンポは日によって微妙に変えるらしい! もし合わなかったらメトロノームさんがクビになるそう。

今沢カゲロウ公式サイト

BassNinja DVD
BassNinja DVD
[PR]
by kingdow | 2010-03-28 06:48 | ・音楽
炊飯器チーズケーキ
a0007287_17561843.jpg

炊飯器で作るチーズケーキのレシピをたまたま見つけたので作ってみました。結構時間がかかったので、オーブンで焼いたほうが良かった気も。でも味はグーでした。
[PR]
by kingdow | 2010-03-21 17:56 | 雑記
ジャンピング禁止
先日、京セラドームにAC/DCを見に行った時、入口付近でこんなビラをもらった。
a0007287_7342693.jpg

この振動問題、なんでも「観客が曲に合わせて一斉に跳躍する「縦ノリジャンプ」が原因であることが大阪市などの調査で判明した。縦ノリの周期(2HZ~3HZ)と建設地周辺の地盤の固有周期とさらに建物の固有周期が一致したことが要因のようである」とのこと。また軟弱な地盤に位置している上、住宅地に近いこともその理由だとか。しかし、やはり軟弱な地盤に建つ福岡ドームは「深さ約20mの支持地盤まで杭を打っている」ので揺れの苦情は無いという。

大阪にまだドームが無かった頃、ガンズなどいくつかのバンドが東京と福岡の両ドームだけでライブを行うということがあり、関西の音楽ファンは涙を流したものだった。そしてやっとできたと思えばこれ。で、結局は客に自粛を求めて問題の解決としているわけですか、なんともまあ。なんだか全力をあげて「だから大阪は」と言われるネタを提供しているみたいで、こんなとこでボケんでええねんとつっこむのも空しい・・・

参考サイト
大阪ドーム(Wiki)
特集 がっかり建築 コンサートの「縦ノリ」で 周辺の住宅が揺れる(pdf)
大阪ドームでライブは出来ないの??
[PR]
by kingdow | 2010-03-21 08:08 | 雑記
キング好きのお二人の素晴らしい労作
最近めっきりキングネタを書かない私ですが、(中略)最近素晴らしいエントリーを上げられたお二人を紹介します。

刑務所のリタ・ヘイワース 感想・レビュー スティーヴン・キング

藤田直哉氏の「消失点、暗黒の塔――『暗黒の塔』5部、6部、7部を検討する」で、「わかってないキングファン」の代表ような扱いを受けたことでもおなじみ(?)toppoiさんの、力の入った素晴らしい記事です。原文と翻訳の対比、キングの作家としてのテクニック、先日亡くなられた浅倉久志氏の訳文についてなど、1つの作品をじっくり読み込み、そこから広がるキング論は必読。長いエントリーですが、時間のある時にぜひじっくり読んで欲しいと思います。「リタ・ヘイワース」を再読したくなること必至。

「暗黒の塔」っていう曲が出来たんでミクちゃんに歌ってもらったら案外音痴だった件

「暗黒の塔」好き&プリンス・ファンということで、私が勝手に親近感を抱いている、「暗黒の塔サウンドトラック」でもお世話になった狸林さんのエントリー。これはもう聞いてもらうしか。面白いなあ、最高です。
[PR]
by kingdow | 2010-03-20 11:34 | その他のキングネタ
AC/CD @京セラドーム大阪
何故あんなに迷いが無いんだろう。
ほとんど同じような曲ばかりなのに、あそこまで盛り上がるのは何故なんだろう。曲の緩急による構成なんてまるで無視で、最初から最後まで上がりっぱなし。しかも少なくとも半数以上の曲は、通常のライブならスト・ナンバーぐらいの盛り上がりだから疲れるのなんの。
暴走機関車キター!鐘出た~! 大砲、待ってました!! あまりにもベタな演出の一々に、大喜びしてしまうのは何故なんだろう。それどころか落ち武者ハゲでチビのオヤジ(アンガス)のストリップに大受けするなんて。
何故あれほど熱心なファンが多いんだろう。私の横の人はつんくをもっと大物演歌歌手にしたような方で、失礼ながら若干場違い感があったのに、始まったら歌う歌う。とにかく皆曲をよく知ってて歌う歌う。どう見ても40は軽く超えてるおっちゃん達が嬉しそうに光るツノ付けてるし。それにグッズ売り場があんなに行列してるのもはじめて見た。「開演に間に合いません」と言われながらも、光るツノやTシャツを求める人が途切れないんだから。
普段は好きなギタリストとして名前が浮かぶことのないアンガスを、世界一のギター・ヒーローだと感じてしまったのは何故だろう。足の短いブライアン・ジョンソンでさえ途中からかっこいいと思ったのは、落ち着いた今となっては何かの間違いのような気がするけれど。

私にとって初めてのAC/CD体験はわからないことだらけ。だってそこは、例えて言うならドームで開催されたよしもと新喜劇、メインはたった二人、繰り出すベタベタのギャグが全てドッカンドッカンウケまくる、みたいな通常ではありえない、シュールと言っても良いような空間だったんだから。でもこれらのわからないことに、もっともらしい理由付けをする気には全くならない。そうすることは最も「反AC/CD的」なことだと思うから。彼らは最高のバンド、それがわかったんだからそれで十分。

できればこれで最後といわず、もう一度でいいから来日して欲しい。そしたら開演2時間前からグッズ売り場に並ぶから。
[PR]
by kingdow | 2010-03-20 07:38 | ・音楽
いよいよ
京セラドームなう(苦笑)
グッズ売り場はものすごい混雑で、Tシャツ買えそうにありません(涙)
[PR]
by kingdow | 2010-03-16 18:32 | 雑記
2月のまとめ
なんかもう、遠い昔のことのような気が・・・。
『高慢と偏見とゾンビ』最高!タイトルが!ジェイン・オースティンの 『 高慢と偏見 』+ゾンビだけならまだいいが、ベネット家の五人姉妹は少林寺で修行した戦士、しかし本当の金持ちはキョートで修行し、ボディガードにニンジャを、メイド代わりにゲイシャを雇うという設定がアホすぎ。それでいて、原著での現代人にはちょっと理解しがたい心理や行動が、ゾンビを絡めることですんなり受け入れられるようになっているのがいい。ナタリー・ポートマン主演で映画化も決まっているそうで、彼女がドレス姿でゾンビに回し蹴りをかますのを早く見たい!
ZEPPELIN本、渋谷陽一の変態っぷりは突出している。「ローリング・ストーン誌はロック・リテラシーが低いから云々」って笑うやん。なんとかリテラシーが高い/低いという表現、どうですか?私は使わないけど。
『怪奇小説傑作集 1』再読 は「パンの大神」が目的。でもやはりピンとこない。
買わなくても娘の友達から回ってくる『BLEACH』、圧力か、又は帯人が飽きてきたのか、今までのダラダラは何やってん!な展開。いいのか。

期間 : 2010年02月
登録数 : 13 件
BLEACH 43
久保 帯人 / 集英社 (2010-02-04)
高慢と偏見とゾンビ(二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション)
ジェイン・オースティン , セス・グレアム=スミス / 二見書房 (2010-01-20)
高慢と偏見(下)
ジェーン オースティン / 岩波書店 (1994-07)
高慢と偏見(上)
ジェーン オースティン / 岩波書店 (1994-07)
rockin'on BOOKS vol.2 LED ZEPPELIN
ロッキング オン (2009-12)
現代短篇の名手たち3 泥棒が1ダース (ハヤカワ・ミステリ文庫 ケ 5-3)
ドナルド・E・ウェストレイク / 早川書房 (2009-08-21)
骨の袋〈下〉 (新潮文庫)
スティーヴン キング / 新潮社 (2003-08)
骨の袋〈上〉 (新潮文庫)
スティーヴン キング / 新潮社 (2003-08)
俺のロック・ステディ (集英社新書 503F)
花村 萬月 / 集英社 (2009-07-17)
レベッカ (下) (新潮文庫 テ-4-4)
ダフネ・デュ・モーリア / 新潮社 (2008-02)
レベッカ (上) (新潮文庫 テ 4-3)
ダフネ・デュ・モーリア / 新潮社 (2008-02)
おそろし  三島屋変調百物語事始
宮部 みゆき / 角川グループパブリッシング (2008-07-30)
怪奇小説傑作集 1 [新版] (創元推理文庫)
アルジャーノン・ブラックウッド , ブルワー・リットン / 東京創元社 (2006-01-31)

[PR]
by kingdow | 2010-03-13 05:55 | 読書日記



スティーヴン・キング関連書籍専門取り扱い
by kingdow
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新のトラックバック
『クラウド アトラス』お..
from 作曲♪心をこめて作曲します♪
『ロックと共に年をとる』..
from Roko's Favorit..
Perfume 最新情報..
from Nowpie (なうぴー) ..
映画「宇宙人ポール」たま..
from soramove
古典の新訳、
from 雑学的ブログ
『バルタザールの遍歴』 ..
from Roko's Favorit..
「エンジェル・ウォース..
from アタシ、洋画・洋楽・ゴシップ..
ロボットの進化とロボット..
from ロボットの進化とロボットアニ..
あけましておめでとうござ..
from Roko's Favorit..
スティーヴン・キング ハ..
from とっぽい。
以前の記事
2016年 08月
2016年 05月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
タグ
外部リンク
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧