カテゴリ
全体
研究本
雑誌
キングが影響を受けた作家、作品
キングに影響を受けた作家、作品
キング絶賛
その他の関連書籍
その他のキングネタ
音楽辞典
映画
メモ
コレクション
情報
ダーク・タワー
ジョー・ヒル
読書日記
雑記
・音楽
・園芸
・映画
・レゴ
・梨木香歩
・マンガ/アニメ
・ケーキ
・Perfume
・手足ふと短まるこい動くモノ
キング堂 ブログ支店について
スティーヴン・キングに関連する書籍の紹介を中心に、とりとめもなくあれこれと

別館CDレーベル・アルバムもよろしく



フォロー中のブログ
見てから読む?映画の原作
映画・読書日記
SOUL MUSICを聴こう
読書記録゛(どくしょきろぐ)
『どBlog』
LEGO BloG - ...
Web読書手帖
退屈男と本と街
クロムハーツ的考
族長の初夏
きょうのわたくし
超音速備忘録
873仮設所
活字中毒者の小冒険:本の...
I Can Hear M...
Musiquarium
Bird's Shies...
Dalmatian Do...
手足ふと短まるこい動くモノの会
梅田ではたらく社長のblog
サッチモ 週末日記
she's inn
尾びれのついた話
やっぱりLEGOがすきでした


<   2009年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧
PLAYING FOR CHANGE
小説も映画も音楽も、多くの人に愛されている"Stand By Me" うろうろしていたらこんなのを見つけました。


うわぁ、Grandpa Elliottさんええ味出しすぎ、しかしこの完成度の高さ、誰が作ったんや? 他の動画も見てみよう。



えええっ、ボノ出てますやん! 調べてみたらPLAYING FOR CHANGEは「音楽を通して世界に想像、連繋、平和をもたらすことを目的としたマルチメディア・ムーヴメント」だそうで、CDを出したり、ツアーもしているんだとか。くわしくはこちらオフィシャル・サイトを。

PEACE THROUGH MUSICはいいけど、あまりにもいかにも感のありすぎる選曲がちょっとねぇ。

ソングス・アラウンド・ザ・ワールド(DVD付)
ソングス・アラウンド・ザ・ワールド(DVD付)
[PR]
by kingdow | 2009-11-29 07:51 | ・音楽
関連本?
関連本、というほどでもないけれど、あとがきにキングの名前がでてくる本2冊を購入。1冊目はジョー・シュライバーの『屍車』 
娘を誘拐したと告げる一本の電話。最悪の雪嵐のなか、母スーは誘拐犯の命ずるまま車を全速力で走らせる。エスカレートする奇怪な要求、明かされる母の禁断の過去、忍び寄る殺人鬼の影。車内では、生き返る冷凍ロブスター、消えるスーの古傷の痕など、怪異な現象が次々と…。母は呪いを解き、娘を救い出せるのか?一夜のうちに展開するノンストップ・ホラー。未曾有のスリルがあなたを襲う!
あとがきには「キング、デイヴィッド・マレル、クーンツの後継者として何ら不足はない」、「ホラー・ファンタジー界期待の新星」とあります。

もう一冊はガイ・バードの『ソフィー』
イギリスの田舎町。病弱なマシューは、優しく利発な姉に守られ、幸せな少年時代を過ごした。秘密の隠れ処、化石探し、暗号の日記、子供に干渉しない両親、高い知能を隠す姉、死。そして今、二人は昏い密室で語り合う……。過去と現在が交錯する中で明かされる〈真実〉とは。12歳でW・H・スミス文学賞を受賞、22歳で本作を上梓した早熟の天才による、幻惑と郷愁の魔術的小説。
こちらはあとがきに『たんぽほのお酒』、『スタンド・バイ・ミー』、『少年時代』、『蠅の王』などが引き合いに出されています。どちらも楽しみ、でもこんな時に限って図書館でいっぱい借りてるんですよ・・・

屍車 (集英社文庫)
屍車 (集英社文庫)
ソフィー (創元推理文庫)
ソフィー (創元推理文庫)
[PR]
by kingdow | 2009-11-25 07:45 | その他の関連書籍
THIS IS IT
私はプリンス派なので、マイケルのCDはベストしか持っていないし、例のロンドン50日についてもいろんな意味で大丈夫か?と思っていた。だからこの映画もDVDでいいわと思っていたけど、久しぶりに会った姉が「あれ観た? 凄いで、絶対に映画館で観なあかんで」と力説していたので、それならと行ってきた。

そんな私が1曲目でグズグズ、2曲目でもう泣いてますやん。彼が健在なら決して公にならなかったであろう映像、全力を出し切ってさえいないリハーサルでさえ、私のような不信の輩をもひれ伏すほどの力があり、彼は終わってなどいなかったという証拠が残せたことを、全ての音楽ファンが感謝せずにはいられないような、そんな映画だった。凄い、素晴らしいもいいけど、一言言う必要があるんじゃないか、ごめんなさいと。

クイーンのライブを観ていないことは、悔やんでも悔やみきれないことの1つだけど、それにマイケルも加わってしまった。好き嫌いを超えて、同時代に生きる者として、観ておいたほうが良いものがある、なんてことにこの歳になって気づかされるなんて。

ロンドン50日なんて大げさなものじゃなくて、ラスベガスで専用劇場作って、無理のない日程でショウを行う、というのではだめだったのかな、などと詮無いことをつい考えてしまう。人前に姿を見せていれば、あんなバッシングは起こらなかったのではとも。

この映画から垣間見えるマイケルはやっぱり変な奴で、偉大さと痛さが同居しているのが彼の魅力だと思う。だから(罪悪感の裏返しで)あんまり聖人扱いするのはやめようよ。彼のメッセージなんてイノセンス過ぎてついていけない、股つかみこそマイケル、でいいやん。

おまけ マドンナの追悼スピーチ
[PR]
by kingdow | 2009-11-23 22:42 | ・映画
チャイナ・レイク / メグ・ガーディナー
〈本年度アメリカ探偵作家クラブ賞受賞〉スティーヴン・キング ガチ惚れ! 基地の町に暗躍するカルト教団と女性弁護士が対決! 
親友の母の葬儀に狂信者集団〈レムナント〉のデモ隊が押しかけてきたのが最初だった。弁護士にしてSF作家のエヴァンは彼らと対決する。だが敵の本当の狙いはエヴァンの六歳の甥ルークだった。兄ブライアンの離婚した妻が〈レムナント〉に入信していたのだ。執拗な嫌がらせ、ルークに対する誘拐の試み。だがその背後には陰謀が……カルト教団と対決するヒロインの活躍を描きアメリカ探偵作家クラブ賞に輝いたサスペンス! ■巨匠スティーヴン・キングのもとには、いつもたいへんな数の寄贈本が届く。だから、所用で旅行をすることになったキングが出がけに本書を手にしたのは、あくまで偶然だった。飛行機の席で1ページめを読み始めたとたんに、キングは引きこまれた。7時間のフライトのあと、機から降り立ったキングは確信していた。「サスペンスの新たなスーパースターを発見した!」イギリスでしか刊行されていなかった本書とその著者にすっかり心を奪われたキングは、インターネットの自分のコラムで本書を取り上げた。ほどなくアメリカでの出版が決まり、2009年にはエドガー賞を獲得することになる。イギリスでの刊行から7年後のことだった。
・・・また絶賛本か、でもこれはかなり本気で褒めているよう、もしかしたら『シンプル・プラン』ぐらい良いのかも、と思って読んでみた。キングのみならず、検索してみたら「今年のベスト」との評価もあり、概ね好評のようだけど、私には特別に褒めるところも、けなすところも無い、ごく平凡な出来の作品としか感じられなかった。この程度のキャラ、設定でシリーズ化はないやろうとも。それにしても「スティーヴン・キング ガチ惚れ!」のコピーは酷いなあ、イヤやなあ。
[PR]
by kingdow | 2009-11-23 17:19 | キング絶賛
BILLYが我が家にやってきた
我が家の本棚、CDラックは全て二階にある。別に見られるのが恥ずかしいというわけでもないけど、リビングはなるべくすっきり、ということでそうしていた。でも本棚もCDラックも一杯になってしまったこと、娘が成長して家族で共通して楽しむものが増えたこと、そしてなによりIKEAでそこそこの見栄えのものが安く買えることを口実に、新しいリビング用の本棚を買うことにした・・・なんて冷静っぽく書いてますけど、買いに行くときはウキーッ!と叫びそうなほど上がってました。

で、IKEAに着いて商品を確認していたら、CDラックが値下がってる! ますますウキーッ!! いそいそと荷積み場(?)に行ったらなんとCDラックは在庫切れ。サイトで在庫状況確認できるので、ちゃんと調べてから行きましょう。どうせもう一度来ないといけないならTV台ももう少し検討しようということになり、結局この日は本棚を2本買っただけ。連休中に整理したかったのに、残念。車が小さいから全部積めるのか? ということも杞憂に終わりました。

さて、はじめて買ったIKEAの家具、やはり安いだけあって「それなり」な感じ。それでも通販商品に多いプリント化粧合板のものよりは若干「木」らしく見え、それが「そこそこの見栄え」の理由かも。それと、店内は基本的に照明が暗めなので、実際より色が濃く見えるという点にも注意が必要でしょう。この本棚、BILLYは多くのパーツがあるので、後で棚板を追加したり、扉を付けたり、上置きをプラスしたり、あっそしたら梯子も買わないと・・・的なIKEA無間地獄に陥る可能性も。

しかしIKEAの家具は、サイズ的に日本の住宅事情には合わないと感じるところもあるので(一番置きたい場所には置けなかったし、友人はテーブルが中途半端に高かったので足を切ったそう)、本当は日本のメーカーにもっとがんばって欲しいところ。それに本棚のデザインは、実際に本を読む人に手がけてもらいたいもんだと心から思う。こんなん本棚じゃなくてただの棚やん的な商品の多いこと多いこと。

a0007287_1453575.jpg

左上に見えている換気扇のせいでコーナー置きできず、これまた残念。
[PR]
by kingdow | 2009-11-23 17:19 | 雑記
ようやくヘッドホン
iPod用に普段はER-6Iを、冬場はK26P(生産終了、後継機はK414P)を使っていた。なぜ冬場はヘッドホンかというと、イヤーマフ兼用というか、イヤホンでは寒いから。このK26P、軽量コンパクト、遮音性もなかなか、低音バッチリで価格も安いという優れた製品なんだけど、装着感は最悪。側圧はきついし、金属むきだしで頭頂部も痛い(娘によれば「それは父ちゃんの・・・が・・・だから」らしいけど)。それで新しいヘッドホンを買うべくいろいろ検討していた。

条件は装着感の良いコンパクトな密閉型、低音はそれなりに、コードは片出しという程度。しかし最初でもうアウト。「装着感の良いコンパクトな密閉型」なんてBOSEのaround-ear headphones かDENON のAH-D1000ぐらいしかない。BOSEは装着感は文句無しだけど、独特のこもったような音が好きではないし、今更これかよと思ってしまう。DENONもおとなしい感じの音もデザインもうーんな感じ。条件にこだわらず、側圧を我慢するならゼンハイザーのHD25-1IIも候補に。これでSlipknot聞いたら最高やったし。でもやっぱり側圧きついのはイヤだなあ。

ヨドバシに何度も通って迷っていたとき、ふと手にしたのがオーテクのATH-ESW9。耳乗せだけど、私は耳が小さいので、耳たぶ以外はほぼすっぽりイヤパッドに収まり、装着感は良好。落ち着いた音だけど低音がしっかりしていていい感じ、でも値段が少々高いか・・・・家に帰って調べたらAmazonで半額ですやん、これに決定。

a0007287_16392289.jpg

愛用の木製のケースとも相性ピッタリ、渋いデザインがおやじにもピッタリ。音は刺激を求めるようなものには向かないけれど、それ以外は苦手は少なく、ヒップ・ホップやレゲエも楽しく聴ける。電機系も尖る感じが軽減されて聴きやすい。装着感、音、デザインはかなり満足、しかし・・・・遮音性がダメダメですやん。音量上げれば音漏れもするので、通勤電車の中では・・・・

しかし、あちらを立てればこちらが立たずで、全ての条件を満たすヘッドホンはなかなか無いもの。いや、もしかしたらわざと作ってないのでは、なんて思うほど。ヘッドホンなんてものは聞く音楽や状況によって複数の製品を使い分けるのがあたりまえなのかな。でも、なんか納得いかんなぁ。ハードよりソフトにお金をかけたいほうだから、ヘッドホン・ビクティムにはなりたくないし。遮音性はダメでもこれは大事に使います。





次はノイズ・キャンセリングかな。
[PR]
by kingdow | 2009-11-23 17:18 | ・音楽
江口寿史ってやつは
「電メリFINAL」フライヤーイラストを江口寿史が担当

単なる自分用メモですが、それにしてもええ仕事やな~。ヒカシュー見たいな。
[PR]
by kingdow | 2009-11-14 23:35 | 雑記
10月のまとめ
Original Album Classicsシリーズは本当にお買い得。ついに新しいヘッドホン買った! ほぼ半額、そういうのに弱いのです。Prefab、タイトルからしてもう、それに美メロも健在。しかし宅録みたいな音がちょっと。Jay-Z をこれ以上儲けさせてどうするねんと思いつつも、ええもんはええ。"Empire State Of Mind"は名曲。ランズデール、「ババ・ホ・テップ」最高!! 「20世紀の幽霊たち」以来の名短編集やと思います。個性的なキャラが魅力のハイアセンだけど、本作ではもうまともな人間が出てこないという域に。同じマイアミが舞台といえど、キングとはえらい違い、でもそれがいい。そういえば『悪霊の島』の感想は・・・・

近況 AC/DCのチケット買った! ガンズは・・・どうしよう? 右肩の具合がだいぶ良くなってきたと思ったら、左肩に違和感がorz

期間 : 2009年10月
登録数 : 14 件
Original Album Classics
Earth Wind & Fire / Sony BMG (2008-08-05)
白鯨(上)
ハーマン メルヴィル , 田中 西二郎 / 新潮社 (1952-02)
Let's Change the World With Music
Prefab Sprout / Kitchenware Records (2009-09-07)
The Blueprint 3
Jay-Z / Roc Nation (2009-09-11)
幸田文 [ちくま日本文学005] (ちくま日本文学 5)
幸田 文 / 筑摩書房 (2007-11-20)
audio-technica ポータブルヘッドホン ATH-ESW9
オーディオテクニカ (2007-10-19)
鏡の影 (講談社文庫 さ 99-1)
佐藤 亜紀 / 講談社 (2009-09-15)
レッド・ツェッペリン (全曲解説シリーズ)
デイヴ ルイス / シンコーミュージック (2002-08-05)
BLEACH 41
久保 帯人 / 集英社 (2009-10-02)
現代短篇の名手たち4 ババ・ホ・テップ (ハヤカワ・ミステリ文庫) (ハヤカワ・ミステリ文庫 ケ 5-4 現代短篇の名手たち 4)
ジョー・R・ランズデール / 早川書房 (2009-09-30)
迷惑なんだけど? (文春文庫)
カール ハイアセン / 文藝春秋 (2009-07-10)
Original Album Classics
Mahavishnu Orchestra / Columbia/Legacy (2007-11-12)
椿びより (EDGE COMIX)
イシノ アヤ / 茜新社 (2009-05-28)
悪霊の島 下
スティーヴン・キング / 文藝春秋 (2009-09-12)

[PR]
by kingdow | 2009-11-08 05:43 | 読書日記
永遠のこどもたち
今日は映画の日だったけど、近所のシネコンでは特に見たいものがなかったのでDVDを借りに行った。「ファニーゲームU.S.A.」か「トロピック・サンダー」を借りるつもりが、妻が「これどうやろう?」と手に取ったのがこの作品。ふーん、ギレルモ・デル・トロがプロデュースねえ、じゃあ今日はこれにしよっか、と軽い気持ちで見たところ・・・・最高でした。

元孤児院を買い取って再開しようと移り住んできた、その孤児院育ちの女性と夫と息子。息子には見えない友達がいた。ある日近くの洞窟に行き、そこでまた新たな見えない友達と出会う。そして孤児院再開のパーティの最中に、息子が行方不明になり・・・

基本的にはホラーだけど、自分自身がそうだったこように、予備知識無しで見たほうがいい、というか内容についてはこれ以上言えない。全体に抑制が効いているけど、アレなところはしっかり、と緩急のリズムが素晴らしい演出とか、美しいロケーションと映像、ストーリーそのものはそれほど新鮮味があるわけではないものの、よくできた脚本とか、もう個人的には褒めるとこしかない。

そういえば、同じく孤児院が舞台のデル・トロ監督の「デビルズ・バックボーン」も妻が選んだものだった。また「頭が上がらない度」がアップしまったじゃないか・・・

永遠のこどもたち デラックス版 [DVD]
B001WAAAI4

[PR]
by kingdow | 2009-11-01 22:42 | ・映画
25周年
荻野目洋子BOX & Newアルバム!

ついに荻野目さん、新譜と待望のBOXが出ます!! しかし、新譜はまたカバーもの、それに選曲が微妙。それよりBOX、松本某は16枚組、長山某でさえも11枚組なのに、DVD込みでたった8枚とはどういうことなのビクターさん? いつかBOXが出たときには未発表曲(戸川純が書いた「レプリカントなんとか計画」とか)を収録して欲しい、DVDには出演した全CMの映像もあれば(チョコフレ-クの「ちょいと言ってみたかっただけ」というやつがもう一度見たい)、なんて妄想を膨らませていたのに・・・

なんだかんだ言っても買いますよ、チョッパーに続いて自分へのクリスマスプレゼントということで。来年あたりにはステージに復帰してくれることを願いつつ。

SUPER GROOVER
SUPER  GROOVER
[PR]
by kingdow | 2009-11-01 06:07 | ・音楽



スティーヴン・キング関連書籍専門取り扱い
by kingdow
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新のトラックバック
『クラウド アトラス』お..
from 作曲♪心をこめて作曲します♪
『ロックと共に年をとる』..
from Roko's Favorit..
Perfume 最新情報..
from Nowpie (なうぴー) ..
映画「宇宙人ポール」たま..
from soramove
古典の新訳、
from 雑学的ブログ
『バルタザールの遍歴』 ..
from Roko's Favorit..
「エンジェル・ウォース..
from アタシ、洋画・洋楽・ゴシップ..
ロボットの進化とロボット..
from ロボットの進化とロボットアニ..
あけましておめでとうござ..
from Roko's Favorit..
スティーヴン・キング ハ..
from とっぽい。
以前の記事
2016年 08月
2016年 05月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
タグ
外部リンク
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧