カテゴリ
全体
研究本
雑誌
キングが影響を受けた作家、作品
キングに影響を受けた作家、作品
キング絶賛
その他の関連書籍
その他のキングネタ
音楽辞典
映画
メモ
コレクション
情報
ダーク・タワー
ジョー・ヒル
読書日記
雑記
・音楽
・園芸
・映画
・レゴ
・梨木香歩
・マンガ/アニメ
・ケーキ
・Perfume
・手足ふと短まるこい動くモノ
キング堂 ブログ支店について
スティーヴン・キングに関連する書籍の紹介を中心に、とりとめもなくあれこれと

別館CDレーベル・アルバムもよろしく



フォロー中のブログ
見てから読む?映画の原作
映画・読書日記
SOUL MUSICを聴こう
読書記録゛(どくしょきろぐ)
『どBlog』
LEGO BloG - ...
Web読書手帖
退屈男と本と街
クロムハーツ的考
族長の初夏
きょうのわたくし
超音速備忘録
873仮設所
活字中毒者の小冒険:本の...
I Can Hear M...
Musiquarium
Bird's Shies...
Dalmatian Do...
手足ふと短まるこい動くモノの会
梅田ではたらく社長のblog
サッチモ 週末日記
she's inn
尾びれのついた話
やっぱりLEGOがすきでした


<   2008年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧
6月の読書記録
ずっと昔から、読んだ本を記録しようと思いながら続いたためしがない。ノートに書いてもダメだし、もともとこのブログも読んだ本のことを全て書くつもりだったんだけれど・・・・

それで、6月の初めからメディアマーカーを使い始めた。カテゴリーやらタグやらを使って多面的に管理できるので便利。今月読んだ本は10冊、マンガが2冊。本はシモンズの『イリアム』と『オリュンポス』上下を含めてなので、なかなかのボリュームかなと。

そのシモンズだけど、そのジャンルの集大成的な内容であること、そのジャンルに対する愛情の溢れ具合などの点から、『ハイペリオン』はSF版『IT』だと思っているんだけど、そのパターンでいうと、この2作はさしずめ『トミーノッカーズ』ってとこか。お世辞にも出来が良いとは言い難いこと、無駄に長いことが同じで。でも、出来は褒められたものではないにしても、これはシモンズにしか書けない世界であり、良くも悪くもシモンズ節炸裂なところも『トミーノッカーズ』と共通していて、好きか嫌いかと問われればかなり好き、という感じ。未解決な部分が多いことも個人的には全く気にならず、というか物語とはいえ、別に全てに決着がつかなくてもええやんという気分な今日この頃。

そのシモンズよりも面白かったのは、予習のために読んだアレッサンドロ・バリッコ版の『イリアス』で、本篇もさることながら、優れた戦争論でもあるあとがきが最高。

10冊読んだうちの7冊は図書館で、2冊は古本、新刊はたった一冊だけだった。家の本棚を溢れさせないためには図書館利用が一番ですな。

さてこのメディアマーカー利用もいつまで続くことやら。

イリアム (海外SFノヴェルズ)オリュンポス 上オリュンポス 下イリアス―トロイアで戦った英雄たちの物語
[PR]
by kingdow | 2008-06-30 22:37 | 読書日記
ミステリ・マガジン2008年8月号
今月のミステリマガジンの特集は「幻想と怪奇 作家の受難」で、キム・ニューマン、ハーラン・エリスン、フリッツ・ライバー、ジョー・R・ランズデール等の豪華な顔ぶれの短編が読めます。

とりあえずキム・ニューマンの「バーカー蒐集家」だけは読みましたが、最高ですこれ。バーカーとはもちろんクライヴ・バーカーのこと。最近あれやけど、どうしてるのかと思っていたらこうなってたのか・・・・

これを読んで、もっと作家の受難ものが読みたいと思った方は、『ミザリー』、『ダーク・ハーフ』、「秘密の窓、秘密の庭」などのキングの「作家の受難シリーズ」をどうぞ。

ミステリマガジン 2008年 08月号 [雑誌]
[PR]
by kingdow | 2008-06-29 19:08 | 読書日記
QUEEN ROCK MONTREAL Cine Sound ver.
クイーンの「QUEEN ROCK MONTREAL Cine Sound ver.」が、7月12日より新宿バルト9と梅田ブルク7で公開されるそうです。

公式サイトを見ると、↓ なんて書いてあります。
 ―映画館でコンサート―
 *音楽ファンに映画館を開放!
 *フレディ・マーキュリー、ロック史上最高のヴォーカルが甦った
 *大音響 !! 大画面
 *家庭では不可能、最高級音響システムで再現
「特に音響では家庭では味わう事の出来ないスーパーウルトラ的な迫力が得られる」そうですよ、スーパーウルトラ的。

私は「Ⅱ」のころからクイーンをずっと聞いてるのに、コンサートには1度も行ったことがないんです。「彼らはレコーディング・バンド」みたいな思い込みがあって・・・・ 「私は行ったよ、西宮球場。すごかったよ」と妻にしょっちゅう自慢されてます。

行きたいなあ・・・・、でもなんで料金当日2,900円もするねん! DVD買えるやん!

Queen Rock Montreal & Live Aid (2pc) (Ws)
[PR]
by kingdow | 2008-06-28 22:25 | ・映画
『シャイニング』をコメディに・・・
『シャイニング』をコメディに、『メリー・ポピンズ』をホラーに――映画編集コンテスト開催中

以前にも『シャイニング』の予告編リミックスみたいなのを紹介しましたが、今度はファミリー向けコメディー編ということで。

The Shining - A Romantic Comedy

↑よりも、同記事で紹介されている↓のほうが断然面白い。

THE ORIGINAL Scary 'Mary Poppins' Recut Trailer

YouTubeでキングネタ、探せばいっぱいあるんでしょうね。
[PR]
by kingdow | 2008-06-23 12:35 | 情報
2008年上半期によく聴いたCD その3
Mike Oldfield: Tubular Bells, Part 1 (Version for Two Pianos and Two Synthesizers - Version for four pianos)Tubular Bells, Part 1
聴いた回数ではこれが今年一番かも。ただし聴くのはもっぱらピアノ4台バージョンばかり。ピアノ2台Xシンセ2台のほうはアレンジがつまらんし、シンセの音が30年前の富田かよ!な感じだし。ただ、ピアノ4台のほうも、もっといかにも4台なミックスにして欲しかったと思うわけで。しかし、自分はオリジナルを持ってないから、比較ができないなということで・・・・

Tubular BellsTubular Bells / Mike Oldfield
やっぱりこっちのほうが断然いいわ。これのデモ作った時ってマイク君18歳って! 今みたいにコンピューターとか宅録技術が発達していない時代だからこその味わいが最大の魅力なのでは。Part Twoのほうは、なんか元祖ゲーム・ミュージックみたいでこれまたグー。とにかくどちらもクセになる。一時期ずっとiPodでこればっかりリピートしてました。

Dark Side of the MoonThe Dark Side Of The Moon / Pink Floyd
クリムゾン以外はプログレってほとんど聞いたことが無かったので、昨年イエスを3枚ほど買ったのに続き、今年はフロイドと思ってまずはこれを買ったけど・・・・あかん、自分との接点みたいなのがまるで感じられず、右から左ですわ。ギターは魅力的、でも今のところはそれだけ。で、フロイドはとりあえず打ち切り。昨日はEL&Pの「展覧会の絵」を買いますた。

まとめ
個々の作品としては素晴らしいものがあるけれど、全体的な状況は停滞感ありありな感じ。特にラップ系がなあ。フロー・ライダーですか? あんなのはさっぱりですよ。新譜で欲しいものがないからって昔のアルバムばかり買ってたらますますオヤジっぽくなってしまうじゃないか。お願いしますよ(←誰に?)

あっ、そういえば「なんとか・デモクラシー」は完成したというニュースが流れたものの、一向に出る気配が無いけどどうなってるの?
[PR]
by kingdow | 2008-06-22 09:56 | ・音楽
2008年上半期によく聴いたCD その2
AccelerateAccelerate / R.E.M.
R.E.M.がマイケル・スタイプのワンマンバンドではないことを証明したアルバム。バンドであることの意味、なんてことも考えさせられる一枚。このアルバムのツアーでまた来日して欲しいもんです。ちなみに最近のセットリストはこんなの

Dreaming of RevengeDreaming Of Revenge / Kaki King
単なる技巧派ギタリストから総合的なミュージシャンヘ ― その道を目指す人は少なくないけど、彼女ほど極端なのも珍しい。やっぱりこれも性格? 前作に比べると少しは腰が入った感はあるもやはりヘロヘロなボーカルものと、何本ものギターをオーバー・ダブしたインストものがほぼ交互に。前作同様物足りなさを感じつつもついつい聴いてしまう不思議な魅力が。たぶんこの人、もうずっとこのまま過渡期的な雰囲気のアルバムを作り続けるんじないかという気も。自分がプロデューサーなら、一人クリムゾン、一人で「レッド」みたいなアルバムを作らせるのに・・・・そんなんはやらへんやろうなあ。

これがSHM-CDだ!ロックで聴き比べる体験サンプラーこれがSHM-CDだ!ロックで聴き比べる体験サンプラー
スラドではほとんど「トンデモ」扱いのSHM-CD、でもオーディオの世界には理屈では割り切れないロマンがあるのだよ(だからつけこまれたりするんだよ)などと思いつつ聞いたけど・・・・結論から言うとどうでもいいですよ。確かに違うっちゃ違うような気もするけど、ブラインドで聴かされたらどっちがSHM-CDかなんてわかんない。価格差ほどの価値は感じない。でも、単純にコンピと考えればやっぱりこれはお買い得。余分な一枚を誰かにあげたら喜ばれるし。

In MontrealRarum, Vol. 11: Selected Recordings
In Montreal / Charlie Haden Egberto Gismonti
Selected Recordings / Egberto Gismonti
来月に迫ったコンサートの予習として。ギタリストとしてのプレイを期待していたんだけど・・・・ピアニストとしてのほうが魅力的かも。コンサートまでに、今の仕事が片付きますように。
[PR]
by kingdow | 2008-06-22 09:53 | ・音楽
2008年上半期によく聴いたCD その1
New Amerykah, Pt. 1: 4th World WarNew Amerykah Part One / Erykah Badu
ファァァンク!カッコイイの一言。曲の良さはもちろん、曲の流れ、コンセプト、ジャケットやライナーのデザインに至るまでトータルな完成度が非常に高く、今日では稀になってしまった「アルバムを聴く喜び」を強く感じさせてくれる傑作。CDから配信へと時代が変わりゆく中で、「アルバム」という文化が衰退してゆくことは確実だと思われるけど、こういう人がいる限り火が消えることはないという希望が持てる。今のところ今年のベスト。近いうちに続編が出るという話もあるそうで、そちらも楽しみ。

1919 / Adel
19歳なのにと、19歳だから、というのが同居していてゆらゆらする感じが最高。キャリアを積めばもっと素晴らしいボーカリストに成長するだろうけど、そうなるとこの感じはなくなるわけだから本作は貴重。それにしてもエエ声。またそれを生かす音数の少なさもいい。

SaffroniaSaffronia / Lyambiko
なんでこれだけ写真がデカイのかって? これ、ジャケ買いしたんっす。単なる美人というだけでなく、凛とした雰囲気に惹かれて。所謂ジャズ・ボーカル系ですが、あまりアクが強くなくてルックス同様すっきりとした味わい。こういう人をブルー・ノートで見たいんだよ・・・・もうないけど。

Made of BricksMade Of Bricks / Kate Nash
基本的に全曲自分で書き、演奏もこなす―なんて聞いたらものすごく多彩な感じだけど、彼女の場合はもっと日常的でちまちました雰囲気というか、いい意味で箱庭的というか。とにかくDIY、それも全部自分の部屋で、みたいなところが面白い。それにしてもここ数年、イギリスからは個性的な女性シンガーが次々と出てきて嬉しいなあ。
[PR]
by kingdow | 2008-06-22 09:49 | ・音楽
ロスト・エコー ジョー・R・ランズデール
子供の頃の高熱が原因で片耳が聞こえなくなったハリーは、ふとしたことから聴力を回復するが、不思議な能力を持つことになってしまった。暴力や恐怖に関係した過去の出来事が、その音を媒介に見えるようになったのだ。こうしてハリーは過去の犯罪場面を目撃するようになる。やがて大学生になり、初恋の相手と再会した彼は、彼女の父の死の真相を探り始める……青春小説とサスペンス小説が融合した会心作
性格の違いということについて、最近よく考える。以前は表現者にとっては才能こそが全てで、性格なんて関係ないと思っていたけれど、才能が表に出る前のフィルターのひとつとして、性格(人間性というべきか?)というものが無視できないと感じる今日この頃。

上記のあらすじを読んで、キング好きならすぐに「デッド・ゾーン」を思い浮かべるだろうけど、残酷な描写もあるにもかかわらず、YAものにも通じるようなこの作品の爽やかな持ち味は、才能の違いではなく、性格の違いだなあと。それと、これを読んでつくづくキングに欠けているのは、お色気とユーモアだと改めて感じたり。あとがきにもあるように、武道家でもある=作家であることが自分の人生の全てではないことも、本書の軽やかさの一因かも。しかし、ランズデールが創造したという「神拳」が作品中でも大きな役割を果たし、「まるで物語仕立ての神拳勧誘パンフレットみたいやん」という気がしなくもないので星ひとつ減。

ロスト・エコー (ハヤカワ・ミステリ文庫 ラ 12-3) (ハヤカワ・ミステリ文庫 ラ 12-3)
[PR]
by kingdow | 2008-06-22 09:43 | 読書日記
マイガール2 佐原ミズ
人情ものじゃないのが良いってちょっと前に1巻の感想を書いたのに、2巻は完璧に人情ものじゃないか・・・・ 意図して「泣ける」にもっていこうとして必然的に人情のほうに行ってしまうのは凡庸でつまんない。絶対にこれは恋愛ものであるべきだと思うんですが。内容はともあれ、この人のカラーは絶品。それだけでも元は取れてるから許すけど。

マイガール 2 (2) (BUNCH COMICS)
[PR]
by kingdow | 2008-06-22 09:41 | ・マンガ/アニメ
梨木香歩インタビュー
今月号のダ・ヴィンチに梨木香歩のインタビューが載ってます。映画「西の魔女」の公開に合わせてってことなんでしょうが、なんといってもデビューに関するエピソードがあれです。私はこれについて、「考える人」のエッセイで知ったんですが、梨木香歩を世に出したことも河合先生の功績のひとつと言えるのでは。詳しいことは読んでください。

他にも編集者から今後の予定なども。エッセイもいいけど、そろそろ書き下ろしおねがいします。朗読会なんてやってるんですか、関西でもぜひ。

それから、映画「ぐるりのこと」のタイトルについて怒ってます。監督は許可を得たと言ってるそうだけど、梨木さんは聞いてないそうで。なんでそんなウソ吐くのかなあ。

映画「西の魔女」、どうなんだろう。近所のシネコンではやらないので、DVD待ちになると思われますが・・・・

ダ・ヴィンチ 2008年 07月号 [雑誌]
ダ・ヴィンチ 2008年 07月号 [雑誌]
考える人 2008年 02月号 [雑誌]
考える人 2008年 02月号 [雑誌]
[PR]
by kingdow | 2008-06-22 09:39 | ・梨木香歩



スティーヴン・キング関連書籍専門取り扱い
by kingdow
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新のトラックバック
『クラウド アトラス』お..
from 作曲♪心をこめて作曲します♪
『ロックと共に年をとる』..
from Roko's Favorit..
Perfume 最新情報..
from Nowpie (なうぴー) ..
映画「宇宙人ポール」たま..
from soramove
古典の新訳、
from 雑学的ブログ
『バルタザールの遍歴』 ..
from Roko's Favorit..
「エンジェル・ウォース..
from アタシ、洋画・洋楽・ゴシップ..
ロボットの進化とロボット..
from ロボットの進化とロボットアニ..
あけましておめでとうござ..
from Roko's Favorit..
スティーヴン・キング ハ..
from とっぽい。
以前の記事
2016年 08月
2016年 05月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
タグ
外部リンク
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧