カテゴリ
全体
研究本
雑誌
キングが影響を受けた作家、作品
キングに影響を受けた作家、作品
キング絶賛
その他の関連書籍
その他のキングネタ
音楽辞典
映画
メモ
コレクション
情報
ダーク・タワー
ジョー・ヒル
読書日記
雑記
・音楽
・園芸
・映画
・レゴ
・梨木香歩
・マンガ/アニメ
・ケーキ
・Perfume
・手足ふと短まるこい動くモノ
キング堂 ブログ支店について
スティーヴン・キングに関連する書籍の紹介を中心に、とりとめもなくあれこれと

別館CDレーベル・アルバムもよろしく



フォロー中のブログ
見てから読む?映画の原作
映画・読書日記
SOUL MUSICを聴こう
読書記録゛(どくしょきろぐ)
『どBlog』
LEGO BloG - ...
Web読書手帖
退屈男と本と街
クロムハーツ的考
族長の初夏
きょうのわたくし
超音速備忘録
873仮設所
活字中毒者の小冒険:本の...
I Can Hear M...
Musiquarium
Bird's Shies...
Dalmatian Do...
手足ふと短まるこい動くモノの会
梅田ではたらく社長のblog
サッチモ 週末日記
she's inn
尾びれのついた話
やっぱりLEGOがすきでした


<   2008年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧
ロックな小説
少し前に「本の雑誌」を立ち読みしていたら、とじこみハガキに「あなたがこれはロックだと思う小説募集」みたいなのがあったので、書いて出そうかと思ったのに他のところをウロウロしている間に買い忘れ、ふと思いだして本屋に行ったらもう次号が出ていた・・・・・ということでここで書くことに。

ロックそのものを扱った小説として真っ先に思い出すのはルイス・シャイナーの『グリンプス』。これはヘタレな青年がタイムスリップして、ジム・モリスン、ジミヘン、ブライアン・ウイルソンなどに出会い、幻のアルバムの完成に協力するという内容。音楽ライターとして著名なビル・フラナガンの『A&R』は業界内幕もの。キングの短編「いかしたバンドのいる街で」は、死亡したロックスターたちが大挙登場するし、「スニーカー」は録音スタジオのトイレの幽霊譚。長編では各章の頭に車に関係する曲が引用されている『クリスティーン』は言うに及ばず、『ザ・スタンド』のラリー・アンダーウッドは典型的な70年代ミュージシャンだし、死んだロックスターのバンドというアイデアは『IT』にも出てくる。CCRを聞きながら車を運転する狼男が出てくるのは『タリスマン』、『骨の袋』でドン・ヘンリーの曲にあわせて踊るマッティーの姿が忘れられない、なんて書いていたらきりがないくらい、キングの作品はロックと縁が深い。お題が「ロックな作家」ということだったら一も二もなくキングを推すところなんだけど。そういえば息子ジョー・ヒルの『ハートシェイプ・ボックス』の主人公もロック・ミュージシャンだ。前述の「いかしたバンド~」が収録されている『ショツク・ロック』は、ロックをテーマにしたホラーの短編集で、両者の相性の良さを感じさせてくれる。

キングに次ぐロックな作家といえばニック・ホーンビィかな。『ハイ・フィデリティ』にも『アバウト・ア・ボーイ』にも音楽が溢れかえっている。国内だったら、古川日出男の『ロックンロール七部作』とか、桜子と椿子の存在そのものがパンクな『裸者と裸者』とか。こんな調子でウダウダ書いていても終わらないので、自分にとって「ロックな小説」を海外編、国内編それぞれ一冊選ぶとしたら・・・(長い前置きやなあ)

海外編は、ポール・ウエラーの愛読書としても知られるアラン・シリトーの『長距離走者の孤独』で決まり。音楽とは全く関係ない話でロックの精神(汗)について書かれた本、なんて読み方もできる。私的には『ライ麦畑』より断然こちら派。この作品だけではなく、『土曜の夜と日曜の朝』 や、タイトルだけでKOものの『屑屋の娘』なんかももっと読まれたらいいのにと思うけど、絶版のものもあるようで残念。

国内編は誼阿古の『クレイジーフラミンゴの秋』。以前紹介した『クレイジーカンガルーの夏』の姉妹編。主人公の中一の女子の気持ち、暮らしに音楽がぴったりと寄り添っていて、ああ、自分もイライラ/もやもやした気分の時や、一音たりとも聞き逃すまいとしてヘッドホンで爆音で聴いていたなと遠い目になったり。今、イヤホンでiPod聴いてるのとは全然違うんだよなあ。巻末には作中で使った曲の一覧があり、これを見ただけでも作者の音楽理解度やセンスは只者ではないと感じられるはず。だってホール&オーツで「イッツ・ア・ラーフ」ですよ。これとか「バイシクル・レース」や「ナットロッカー」が放送でかかる中学校って、それだけでも悶絶ものなのに、合唱コンクールでの「ピアノマン」の場面なんてもう・・・・・全音楽好きに自信を持ってお勧めできる一冊。

「本の雑誌」の「ロック特集」は次号。さて、どんな本が選ばれるか楽しみ楽しみ。やっぱり日本の作家だと山川健一なのかなあ?

長距離走者の孤独 クレイジーフラミンゴの秋
[PR]
by kingdow | 2008-04-27 18:22 | 読書日記
ジスモンチ来ル━(゚∀゚)━!!
エグベルト・ジスモンチの再来日が決定、大阪公演は現在チケット発売中です。詳しい情報はこちらを。

大阪公演の会場のフェニックス・ホールは、キャパたったの335人! なんて贅沢なんでしょう。興味のある方は、早く買わないと売り切れちゃいますよ。

しかし、このギダーいったい何弦? ↓
Egberto Gismonti ' Freiburg ' 1987
[PR]
by kingdow | 2008-04-24 22:21 | ・音楽
建機萌え
今朝の新聞の「トミカ博」の広告をじっくり見ていたら、面白い建機が二つあった。こんなの本当にあるんかなと思ってちょっと調べてみた。

TDMトルネードは未来の建機をイメージしたコンセプトモデルということで、実際には無いんですが、かにクレーンのほうは本当にあった! これ見て下さいよ、なんてかっこいいんでしょう!! それと、こんなのも見つけたんですが、アタッチメントに顔ついてますよ、最高っす。

近頃はプラントやダムなんかの写真集が出たりして、いろんなマニアがおるもんやなあと感心しますが、次は建機萌えだと言われて久しい気もするのに、なかなかこないのは何故なんでしょう? 美しい建機の写真集が出たら買うよ。レゴで作るためにお子様向けの本なら持ってるんですけどね。

そうそう、レゴで建機といえば、ズバリ「架空重機コンペ」もありました。こちらも素晴らしいので時間があればどうぞ。自分も「ユンボル」もどきを一度作ってみたいと思っていたので、次回は参加したいなあ。

重機人間ユンボル (ジャンプコミックス)
武井 宏之
4088743776

[PR]
by kingdow | 2008-04-20 20:02 | 雑記
マコンデ美術館
伊勢旅行の途中、「マコンデ美術館」に行ってきました。私がマコンデ彫刻に出会ったのは、吹田のみんぱくでした。あそこは面白いものが山ほどあるんですが、その中でもマコンデ彫刻をはじめとするアフリカ彫刻は強烈で、ぜひもっとまとめて見たいものだと希望していたのがようやく叶ったわけです。

一口にマコンデ彫刻といっても、プリミティブな感じのものから、具象的なもの、抽象的なものといろいろありますが、個人的には断然抽象的なものが好み。工芸品と芸術作品とみやげものの境界の無いような雰囲気がなんともいえず魅力的。しかし、ものによってはどこの美術館に展示されてもも遜色ないと思える作品もあります。

この美術館は注意書きのあるもの以外は触ってもOKなので、滑らかなフォルムを、ゴツゴツした荒々しさを手で楽しむことができるのも嬉しいところ。マコンデ彫刻専門の美術館は世界にもここだけ、それにどうも個人のコレクターによる美術館みたいです。ミュージアムショップで小ぶりの彫刻が売られてるんですが、一番欲しかったものやや高価で手が届かず。でもヤフオクでも結構売られているので、いつかはひとつ手に入れたいもんです。

マコンデ美術館

a0007287_1026658.jpga0007287_10262979.jpg
[PR]
by kingdow | 2008-04-19 10:30 | 雑記
赤福は今
慰安旅行で伊勢に行って来ました。私はつぶあん派なので赤福なんぞもともと好きではないんですが、娘が大好きなのでしかたなく神宮参拝の帰りに赤福本店へ行ったら・・・・めちゃめちゃ並んでますやん。びっくりです。

名古屋~関西間の人間にとっては、赤福なんてどこのキオスクでも買える、ありふれたものだったんですが、例の問題の後、復活してからは、まだまだ製造数、取扱店舗も限られているようで、それが本店のあの行列の理由なんだとか。

並ぶのが嫌なので、翌日のホテルの売店に賭けよることに。しかし、朝の7時半で当日分は完売 orz こうなったら意地だとばかりあちこち探し回って、ようやく土産物屋で4つだけ残っていたのをゲット。ほっと安心したものの、どうも騙されたような気がしてしかたがない。この品薄感はもしかしたら演出されたものではないのか、どこかの代理店が仕組んだ赤福復活のシナリオにまんまと乗せられたんではないかと・・・・ 帰りに立ち寄ったサービスエリアには山ほど売られていて、それを見た人は一様に「こんなにあるやん」とか「並んで損した」とか言ってたこともあり、よけいにそういう印象が強くなったわけで。

なにはともあれ娘は大喜びで、放っておいたら何個喰うねんという感じだったのでまあ良しとするけれど、なんか釈然としない、というか私としてはとらやのういろうを買いたかったのに、賞味期限が短くて買えなかったことが心残りです。それと余談ですが、私的に今一番はまってる和菓子は「きんつば」です。昔はあんな餡子の塊みたいなもの、全然好きじゃなかったんですけどねえ。

もうひとつ余談。伊勢神宮の正式名称はただの「神宮」だそうで。そしたら平安神宮や明治神宮ってのは、地方にあるXX銀座みたいなものなのか・・・・
[PR]
by kingdow | 2008-04-17 22:46 | 雑記
白髪一雄さん死去
白髪一雄氏死去 尼崎出身の国際的前衛画家

アクションペインティング、もう少し正確に言うと、天井から吊るしたロープにぶら下がり、足につけた絵の具をカンバスの上に広げる「フットペインティング」で知られた白髪さんが死去されました。

はじめて白髪さんのことを知った時には、正直なところ「どうせポロックの亜流」ぐらいにしか思っていませんでした。それが京都国立近代美術館の常設コーナーで実物を見たときには、その迫力に釘付けになってしまいました。あのうねうねとした絵の具のもりあがりっぷりにやられました。

アクションペインティングなんていうと、観念的でわからんという方も多いかもしれませんが、実物を見ると理屈はともかく、とにかくスゲーと感じることができると思います。これを機会に、などというのは不謹慎かもしれませんが、大規模な回顧展が開催され、多くの人々に白髪さんの素晴らしさを知ってもらえたら、それ以上の供養はないのではないかと思います。ご冥福をお祈りします。

こちらのページで小さい作品をいくつか見れますが、大作の迫力はこんなもんじゃないです。
[PR]
by kingdow | 2008-04-11 07:53 | 雑記
デビルマン 愛蔵版
「デビルマン」全5巻が一冊に。分厚いです。1064ページです。連載当時の扉を復活的なおまけも一切なし。解説もなんもなし。まあ必要ないですけど。

私が「デビルマン」と出会ったのは小学校のころ、もう30年以上前ですが、持っていたのはオリジナルのコミックだったはず。それが行方不明になって久しぶりにこれで読んだら・・・・うーん、違う所がある。コミックでは2巻の「妖鳥シレーヌ編」のラスト、「・・・美しい。サモトラケのニケのように」とあったような記憶があるのに、それがなくなっている。差別用語等で訂正があるのはわかるけど、何故ニケが変更されたのか。自分の記憶間違いじゃないことを確認しようと思って古本屋に行くたびに探しているんだけど、オリジナルの2巻ってどこにもなくて。ご存じのように「デビルマン」には様々な版があり、それらの比較について書かれているサイトにもニケの件は触れられてなかった。

小学生の自分が、サモトラケのニケやダンテの「神曲」、黙示録などの西欧文化に出会ったのがこのマンガでだった。もしかしたらバッド・エンド好きもこれによって刷り込まれたのかもしれない。はじめてこれを読んだ時からずっと、サモトラケのニケってどんなに美しいんだろうかと想像していた。後年ルーブルで実物を見た時の感動は忘れられない。ニケに対する想いが記憶違いから生じたなんてことはないはずなんだけど、確認しないことにはどうもすっきりしない。というか、本当に記憶違いだったら面白すぎるなあ。

デビルマン 愛蔵版 (KCデラックス)
永井 豪 ダイナミック・プロ
4063754294

[PR]
by kingdow | 2008-04-08 22:58 | 読書日記
The John Butler Trio @ クラブ・クアトロ
もしもジョン・バトラーにインタビューする機会があったら、握力計を持っていく。11弦ギターでのビブラートのかけかたを見ただけで、半端じゃない握力の持ち主だという気がする。それと三味線をプレゼントしたい。きっとバックをとっぱらってピックアップを取り付けて使ってくれるだろう。そんなことを考えたりした昨日のライブは、とんでもなく素晴らしかった。

ジョン・バトラーはアコギを中心に使っているけど、エフェクター使いまくりで、「アコギはこうあるべし」的な常識に捉われないことで独自のサウンドを生んでいるんだと思う。それはバンド全体にもあてはまり、アコギにダブルベースなんて編成だけを見ると、もっと落ち着いた音を聴かせそうな感じなんだけど、実際にはめちゃめちゃグルーヴ感あるし。ロックも長い歴史の中で、それなりに様式ができあがり、意識的にそれに反発する場合でも結局は型にはまってしまう場合が多い。でもこのバンドは本当にそういうものから自由で、ライブを見ると「オーガニック系ジャム・バンド」とかいうレッテルが全く意味がないというか、そんな言葉では収まりきらない、「ジョン・バトラー・トリオはジョン・バトラー・トリオ」としか言いようのない強力な個性に溢れていた。高い演奏力と、我が道を行く強い意志がとてつもなくポジティブなパワーを生み出していて、会場の皆を笑顔にさせていた。あんなに会場中が幸福な笑顔でいっぱいのライブってはじめてだ。「安心」とか「ゆほびか」などの健康雑誌に「ジョン・バトラー・トリオのライブを見て肩こり、腰痛が治った」とか、「ジョン・バトラー・トリオのライブを3回見たら鬱が治った」なんて記事が載っても驚かないぞと思ったぐらい。

この日のハイライトはギター1本のインスト・ナンバーの"Ocean"で、繊細さとジョンならではの豪快さが同居した、圧倒的なプレイで約10分の大曲を全く飽きさせない。ギター好きならこの一曲だけでも元を取った、いや、それ以上の価値があったと思ったはず。しかし、彼のいい所は決してギターマニアだけを満足させるようなものではなく、「ジョン・バトラー男前やし」というノリで来た女の子たちをも、このような曲でも惹きつけて離さないこと。理由はあの熱さ、なのかなあ。それはベース・ソロ、ドラム・ソロでも同じで、単にテクニカルなだけではなく、楽しませること、盛り上げることを心得まくってるから、ソロの時にありがちな「早く終われよ」というように気持ちが芽生える隙もなかったし。

あと笑ったのが、ジョンはアコギでも相当ラウドな音を聴かせるんだけど、1曲だけエレキを使った時の豪快なことうるさいこと。あの力強さ、音の太さは並のハードロック系ギタリストでも出せないと思う。ギターがうるさすぎてボーカルが全然聞こえへんし。外人のおねいさんが「歌ってるのが聞こえないよ」と訴えていたけど、あれは確かにバランス悪かったね。

まあこんなことをグタグタ書いてもなかなか伝わらないと思うんで、興味のある方は下記のYoutubeリンクを見て下さい。

John Butler Guitar Lessons
ギタリストとしてのジョン・バトラーの魅力を一番てっとりばやく感じてもらえるのはこれかな。

John Butler Trio - Ocean (Live at Federation Square)
上にも書いた曲。この曲だけでもいいから、もう一度見たい・・・

Shannon Birchall Double Bass Solo
昨日はまるでアニメの効果音みたいな、もっと面白い音だった。

John Butler Trio - Treat Yo Mama (Live at Wave Aid)
スライドもイカス

John Butler Trio - Message in a bottle
ポリスのカバーですよ。そういえばドラムの人のハイハットやシンバル系のプレイがスチュワート・コープランドっぽいところがあった。顔が長いところも似てたし。
[PR]
by kingdow | 2008-04-06 19:12 | ・音楽
またも絶賛本 『聖者は口を閉ざす』
キングのコメント 「才能の絶頂期にある作家が書いた途方もない小説」

『ルインズ』のダメージからまだ立ち直っていないのに、またまた絶賛本登場。リチャード・プライス著 白石 朗・訳の『聖者は口を閉ざす』
非行少年を救おうとした高校教師が襲撃された。口を閉ざす教師は誰を守っているのか? 米読書界が絶賛する感動大作。
あのスティーヴン・キングが絶賛を惜しまず、ベストセラー作家エルモア・レナードも羨望する骨太の力作の登場です。
レナードも羨望か・・・・ なんでも担当編集者が「団地みたいな本」と言うぐらい分厚いそうで。値段も3675円と豪快です。詳しくは文春のサイトへ。

文春といえば、2月~4月の文庫の新刊に翻訳小説が一点もないんですよ。翻訳もの、売れないってことなんですね。さびしいなあ。というか、早く『不眠症』を文庫化して下さい。

聖者は口を閉ざす
リチャード・プライス 白石 朗
416326860X

[PR]
by kingdow | 2008-04-01 21:44 | キング絶賛



スティーヴン・キング関連書籍専門取り扱い
by kingdow
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新のトラックバック
『クラウド アトラス』お..
from 作曲♪心をこめて作曲します♪
『ロックと共に年をとる』..
from Roko's Favorit..
Perfume 最新情報..
from Nowpie (なうぴー) ..
映画「宇宙人ポール」たま..
from soramove
古典の新訳、
from 雑学的ブログ
『バルタザールの遍歴』 ..
from Roko's Favorit..
「エンジェル・ウォース..
from アタシ、洋画・洋楽・ゴシップ..
ロボットの進化とロボット..
from ロボットの進化とロボットアニ..
あけましておめでとうござ..
from Roko's Favorit..
スティーヴン・キング ハ..
from とっぽい。
以前の記事
2016年 08月
2016年 05月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
タグ
外部リンク
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧