カテゴリ
全体
研究本
雑誌
キングが影響を受けた作家、作品
キングに影響を受けた作家、作品
キング絶賛
その他の関連書籍
その他のキングネタ
音楽辞典
映画
メモ
コレクション
情報
ダーク・タワー
ジョー・ヒル
読書日記
雑記
・音楽
・園芸
・映画
・レゴ
・梨木香歩
・マンガ/アニメ
・ケーキ
・Perfume
・手足ふと短まるこい動くモノ
キング堂 ブログ支店について
スティーヴン・キングに関連する書籍の紹介を中心に、とりとめもなくあれこれと

別館CDレーベル・アルバムもよろしく



フォロー中のブログ
見てから読む?映画の原作
映画・読書日記
SOUL MUSICを聴こう
読書記録゛(どくしょきろぐ)
『どBlog』
LEGO BloG - ...
Web読書手帖
退屈男と本と街
クロムハーツ的考
族長の初夏
きょうのわたくし
超音速備忘録
873仮設所
活字中毒者の小冒険:本の...
I Can Hear M...
Musiquarium
Bird's Shies...
Dalmatian Do...
手足ふと短まるこい動くモノの会
梅田ではたらく社長のblog
サッチモ 週末日記
she's inn
尾びれのついた話
やっぱりLEGOがすきでした


<   2007年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧
2007年まとめ
私、というか我が家にとっては、2007年はマンガとアニメに明け暮れた一年でした。これは娘の熱狂的なはまりっぷりに引きずられたのが原因とはいえ、父母ともにもともと好きだからえらいことに。たぶんコミックスはこれまでの人生で最も沢山読んだと思われます。「ブリーチ」なんて古本屋でちびちび買っていたのが最新刊まで追い付いてしまったし・・・

歩いていける程度の近所に古本屋があることだけでも大変だったのに、レンタルビデオ屋でコミックのレンタルが始まったことで拍車がかかってしまいますた。私は子供の頃からヒネていたので、少年ジャンプ的な世界には背を向けていたようなところがありました。だからこそ数年前から読んでいる「ワンピース」をはじめ、「ブリーチ」や「ナルト」などでおもいっきり「夢と友情と冒険(だっけ?)」の世界に浸るのが新鮮だったりするわけで。でも週刊のジャンプを買うのだけは止めようと家族で話し合っております。(因みに私が子供の頃に買っていたのは「少年キング」でした。つくづくキングに縁のある人生だなあ)

この正月休みにも、時間が無くて読めなかった「チェーザレ」や「陰陽師」を読もうと思っているので、2008年も同じような感じになりそうですが、できれば「マンガ表現の最前線」みたいな部分にも手をのばしてみたいなと思ったりしています。

アニメではなんといっても「電脳コイル」が最高でした。噂は聞くけどまだ見た事が無いという方は、1月1日の午後5時~6時30分、NHK教育テレビで放送される特番を見てから、毎週土曜午後6時30分からの再放送をぜひ。特に12話「ダイチ、発毛す」はSF好き必見ですよ。

もちろんマンガ/アニメだけでなく、普通に本も読み、音楽も聞きましたということで、2007年の個人的ベストは、小説はシャーリー・ジャクスンの『ずっとお城で暮らしてる』、CDはM.I.A.の"Kala"というところです。音楽を聴きはじめて既に30年を超える自分に、「なんじゃこれ、こんなの今まで聞いたこと無いわ!」と新鮮な感動を与えてくれたM.I.A.ちゃんには、感謝とともにこれからも正体不明でいつづけて欲しいなどと勝手な期待をしたりなんかして。邦楽ベストシングルはYUIの「CHE.R.RY」ですね、断然。

このブログはとりあえず「読書系」のつもりなんですが、今年はあまり読んだ本の感想を書けませんでした。一番の原因はアホなくせにええかっこしようとすることにある(素のままに書いたら「めっちゃおもしろかったで~」「あのキャラ萌え~」「なんかもうひとつやな」程度で終わってしまう)のはわかっているのですが、今年はなんとなくブログを書き続けることや、自分にとってのブログの意味という部分で「曲がり角」みたいなものを感じていたのも事実です。そういえばスラドでもブログは死にゆく技術か?なんて記事がありましたねえ。


私にとって今年最大の出来事は父親の死、でした。これについてはいろいろありますが、一番思ったのは、自分が、あるいは家族が死んだらどうするかということを、日ごろから話し合っておく必要があるということです。私は人間死んだらそれっきりだと思っているので、葬儀も墓も位牌も必要ないのですが、それだと「世間」と軋轢を生む可能性があるので、残された家族にとって一番都合がいいように、負担のないようにしてくれたらいいと話しています。絶対に避けられない運命である死を想いつつ、それに対して何らかの心構えや準備をしつつ生きる・・・このあたりはあまりつっこむと宗教チックになりそうですが、ともかく具体的なものとして、老後だけではなく死についても考える必要はあるのではないでしょうか。

最後になりましたが、ブログを通じで私の金魚鉢のように狭い世界/視野を広げてくださった皆様、本当にありがとうございました。それでは皆様よいお年をお迎えください。

PS sakanapoさんのキング・テーマパークおもしろすぎ! 時間があればネタにしたかったのですが・・・
[PR]
by kingdow | 2007-12-31 08:22 | 雑記
スマーフが我が家にやってきた
おもちゃ類はレゴだけと心に決めて、ガンプラもフィギュア(ガチャや食玩を除く)も買わないようにと努めてきたのに、ついにスマーフに手を出してしまった・・・

今までいろんなフィギュア屋などで、さんざんスマーフを目にしても「こんなもんどこがええんやろう?」としか思わなかったのに、2か月ほど前にハロウィーン・シリーズを見たときにゃあもう、欲しいという気持ちを抑えるのに必死でした。それが先日、同じショップを覗いたら、8体セットがかなり割引で売られていたのです。それを見て思わず妻にこう言ってしまいました

「かあちゃん、ワシへのクリスマス・プレゼントにこれ買ってくれ」
しかも子供の目の前で・・・・

でもまあ見て下さいよこれ、かわいいでしょう?
a0007287_21272596.jpg


今後の問題は、この8体だけで踏みとどまれるのか、それともこのままズルズルといってしまうのかということですが、このシリーズもかわいいんだよなあ・・・


クリスマス・フレゼントといえば、現在小6の娘はズバリ「今年のプレゼントはコピック買って」と言ってきました。買って、ということはもうサンタを信じてないわけ?と聞くと、去年までは信じていたとのこと。信じなくなった理由は、友達にお父さんが枕元にプレゼントを置くのを見たという話を聞いたからだとか。まー、小5までサンタを信じさせることができた(と言ってくれた)のなら、おとうちゃん&おかあちゃんサンタとしては大成功 ― ということにしておこう。
[PR]
by kingdow | 2007-12-24 22:03 | 雑記
Top of the Popsが終わっちゃう
CSかCATVの「歌謡ポップスチャンネル」で、今年の初めから「Top of the Pops」が放送されているのをご存じでしょうか? この番組の魅力について、ずっと書こうと思っていたのですが・・・なんと今月いっぱいで終わってしまうそうでorz

それで現在あなたが選ぶ!!もう一度見たい「Top of the Pops」アンケート&プレゼント・キャンペーンが実施中。見たい回を選んで投票すれば、人気の高かったものを2008年4月以降に再放送するそうです。

私もリストの半分程度しか見ていませんが、見た中でオススメなのは#37のスミスやスクリッティ・ポリッティが出ているもの。パンツの尻ポケットに草を突っ込んでクネクネ歌う若き日のモリッシーも面白いけど、なんといってもジョニー・マーの華麗な運指がたまりません。グリーンは丈が短くておもいっきり肩パッドの入ったジャケットにジョッパーズといういかにも80年代なファッションがナイス。妻は「王子様みたい♪」とウットリしておりました。

私も初めは単に好きなアーティストが見れることを楽しみにしていたのですが、何度も見るうちに楽しみ方が変わってきました。この番組のツボはなんといっても「マヌケ」なところにあると気づいたからです。

ご存じの方も多いと思いますが、この番組は一部を除いて基本的には「口パク」で、それだけでもずいぶんマヌケ感があります。(ワムなんてマイクすら持たずに歌ってたし) それと英国のポップ・シーンというのはかなり歌謡曲的な部分があって、日本では知られていない妙ちくりんなアイドル歌手みたいなや、変なディスコもの、パンク/NWな服や音楽スタイルを取り入れているけど、無理やりなのがバレバレなバンドなど、けったいな連中が多数登場して笑かしてくれます。露出度の高いおねーちゃんたちが曲に合わせて踊っているだけの意味不明のコーナーもたまにあります。そういう連中が、イアン・デュリーやストラングラーズの間に挟まれているんだから、そのギャップがたまりません。司会者もなんか変な奴が多いし。

個人的に最も印象に残っているのは、ソロで登場したナラダ・マイケル・ウォルデン。名プロデューサー(荻野目ちゃんも手がけた!)/名ソングライター/名ドラマーとして知られた彼が、安もんのエアロビ・インストラクターみたいな衣装で歌い踊る姿は「全ての名声を捨ててでもソロで売れたいんかい!」とツッコミを入れると同時に、人間の業について深く考えさせられました。

そんな様々な楽しみを与えてくれる「Top of the Pops」、普段は週2回の放送ですが、今月は深夜にも連日放送されているので、今日からでもぜひ見てください。放送予定はこちらで。
[PR]
by kingdow | 2007-12-23 08:36
ハートシェイプト・ボックス / ジョー・ヒル
ロックとホラーは相性が良い。ブラック・サバスからマイケミまで、多くのロック・バンドがホラー的なイメージを用いているし、ロブ・ゾンビのように自らホラー映画を撮ってしまうような人さえいる。小説のほうでも『クリスティーン』や『いかしたバンドのいる街で』などのキング作品では、ロックが大々的に、効果的に用いられている。しかし、ロック・ミュージシャンが主役を務めるホラー小説というのはあまり無かったのではないだろうか。

キングの息子、ジョー・ヒルの長編デビュー作である本書では、父親の薫陶の成果(親の因果?)というべきか、ロックとホラーの双方に対する愛情に溢れた素晴らしい作品となっている。キングの作品以上にAC/DCが似合うというだけでも嬉しいし、ネットオークションで手に入れた幽霊が(いろんな意味で)いやらしくって最高で。クーンツほどスピーディではなく、キングほどまったりしていないテンポもいい感じ。展開にはそれほど新味はない、というかスタンダードなラインから外れることがないのに読者を飽きさせない筆力はなかなかのもの。クライマックスのXXとの対決シーンなんて、ホラー小説でしか描けないOOとの決着で、絵的にも抜群。文句をつけるとしたら、「なんでこのタイトルでオジー・オズボーンみたいなおっさんが主役やねん!」とつっこみを入れたくなることぐらいかな。

なんだかんだ言っても「しょせんは七光だろう」なんて見くびっていたこと、本当にゴメン。同じく小学館から出る予定の短編集が今から楽しみ。

ハートシェイプト・ボックス (小学館文庫 (ヒ1-1))
[PR]
by kingdow | 2007-12-18 22:15 | その他の関連書籍
このミス 2008年度版
「このミス」2008年度版の中からキング関連の情報をチェック。まずランキングですが、対象期間内に発売されたキングの作品は『ダーク・タワーⅦ 暗黒の塔』の中/下巻で、白石朗さんが下巻を1位に選んでおられます。コメントは「<ダーク・タワー>シリーズ全巻の邦訳刊行という歴史的壮挙への投票。最終巻刊行を待っての後半一気読みは至福だった」とのこと。他にキングを選んでいる人は・・・・なし。ということで本年度は10点獲得でした。

次に「我社の隠し玉」へ。スコット・スミスの第二弾"The Ruins"が「またまたキングを感嘆せしめた逸品」だとか。『ハートシェイプト・ボックス』は「著者ジョー・ヒルはスティーヴン・キングの系譜を継ぐ大型新人作家です」と。「系譜を継ぐ」という表現が奥ゆかしいというか。契約の問題でもあるのかなあ。今読んでますがかなり面白いですよこれ。飼っている犬の名前がアンガスとボンというだけでも、個人的にはツボはまりまくりです。新潮社にはキングの名前は無し。来年はどうなるのかな?

あと、キングとは直接関係ないけど、早川からダン・シモンズの超大作ホラーが出るということで調べてみると、タイトルは『ザ・テラー 極北の恐怖』で「〈巨大な怪物との死闘と壮絶なサバイバル圧倒的な迫力で描く冒険ホラー大作〉19世紀半ば、新航路を開拓すべく出航した二隻の英国艦。極北の海で氷に閉ざされ、飢えと寒さに苦しむ乗組員を巨大な怪物が襲う」・・・ワクワク。明日発売です。

ずっと前から「このミス」におけるキングの順位のまとめをやろうと思っているのですが・・・・またそのうちということで。

このミステリーがすごい! 2008年版
このミステリーがすごい! 2008年版
[PR]
by kingdow | 2007-12-13 21:59 | 情報
セル スティーヴン・キング
下巻P322のクレイの言葉じゃないけど、冒頭のつかみは文句なし。舞台のスケールは大きいけど、主人公とその仲間たちのみに焦点が当てられているので、キングの長編としては例のないくらいサクサク読めてしまう。

文中にも名前が出てくるグレッグ・ベアみたいな超進化系にも、それこそ正常人が「地球最後の男」一人になるまでの経過の物語にも、あるいは莢人間が人類に取って変わってゆく話にも、ある程度まではどのようにでも発展しそうに思えたのに、全く違う展開には少々拍子抜け。でも、状況そのものよりも、その状況の中で人々がどう行動するのかについて書いてきたのがキングだから、そのあたりはまあいいかと納得できないわけではないんだけど・・・・・

体力が落ちたなあ。漠然とした印象で申し訳ないけど、読後に感じたのはそれだった。中高年がスポーツする場合、若い頃に運動経験のある人のほうが怪我や事故を起こしやすいという。頭の中には若い頃の俊敏な動きのはっきりしたイメージが残っているのに、実際には衰えた筋肉はイメージ通りには動いてくれない。そういうのと同じようなものを感じたわけで。

私には最後まで、クレイがどんな人物なのか明確なイメージを持つことができなかった。彼以外の旅の仲間たちのほうがずっとよく書けていたとは思うけど、それでもこの「カ・テット」を心から愛することができなかった。だからあの場面やあの場面でも心が動かされることはなかった。なによりもクレイの息子を想う気持ちが伝わってこないのが残念で。幼い子供になにかあったらどうしようという恐怖心が暴走して『ペット・セマタリー』のような作品を書いてしまったキングなのに・・・・

それと下巻P101でジョーダンがTR-90について説明しているのに、P169ではそのジョーダンが「TRってなんのこと?」というセリフがある。これはどういうことでしょう?あと、(笑うのを見て、またはハグするのを見て)これでこの男が好きになったとかいう表現が何箇所かあるんですけど、そんなの読んでもこっちは何とも思わないよ、って感じだし、下巻P303なんか調べたものをそのまま書きましたみたいで、そんな喋り方する奴おらんやろと思うし、とにかくツッコミどころは満載ですわ。

たぶん本人にも、昔と同じようには書けないという自覚はあるだろうし、訳者あとがきにも「近年は、中短編の執筆にもひときわ力をそそいでいるよう」とあるのを読むと、模索中なのかもとも思う。体力が落ちたなら落ちたなりに、今の自分に合ったスタイルを見つけ出して、バンバン書き続けて欲しいものです。それに、"Lisey's Story"はどんな具合かめちゃめちゃ気になるんで、新潮さん、早く出してください。お願いします。

セル 上巻 (1) (新潮文庫 キ 3-56)   セル 下巻 (新潮文庫 キ 3-57)
[PR]
by kingdow | 2007-12-07 22:38 | 読書日記
アンディ・サマーズの自伝、日本でも明日発売
『アンディ・サマーズ自伝 ポリス全調書』が明日発売されるそうです。内容は
☆ロンドンで名を馳せたバンドマン青春時代とロマンティックな愛の実話。 ☆スティングとスチュワート・コープランドとの運命的な出会い。 ☆パリで「ロクサーヌ」が生まれた夜、ポリスが警察に連行された日。 ☆ウォーホルが書いた「アンディーからアンディーへ」。 ☆俳優ジョン・ベルーシと食べた「マジック・マッシュルーム・オムレツ」。 ☆「シンクロニシティーII」の“あの音”はローディーの○○○の音? ☆3人がバラバラの心のまま「見つめていたい」が完成した瞬間の感動秘話。 ☆そして新しい夢……
「ロマンティックな愛の実話」ねえ。そんなんいらんし。再結成ツアー中だし、メンバー公認ということなので、あまり赤裸々な話は期待できそうに無いですが、当事者の話というのはやはり惹かれるものがあります。bounceのニュースによれば「本国イギリスでは、〈ベスト・ミュージック・ブック・オブ・ザ・イヤー〉を受賞したという名著」ということだし。なんとこの本、映画化も決定しているとか。

アンディさんは写真集(*)も出したし、最も便乗商法に熱心ですが、ギャラの取り分が最も少ないのかな? それともメンバー最高齢だから老後の問題が切実とか。まあ、本分であるツアー活動に支障の無い範囲でがんばってください。

(*)実物を本屋で見ましたが、想像以上に良い写真集でした。しかし、デカイので置き場所に困るから、ちょっと買えんなあという感じです。コーヒーテーブルのあるご家庭ならぜひ。

アンディ・サマーズ自伝 ポリス全調書
アンディ・サマーズ 山下理恵子
4860202457


I'll Be Watching You: Inside the Police 1980-83
Andy Summers
3822813052

[PR]
by kingdow | 2007-12-06 12:39 | ・音楽
洋楽カラオケ この3曲
先日、久しぶりに家族でカラオケに行ってきた。ご存知の方はご存知でしょうが、通信カラオケになってから洋楽曲の充実ぶりはなかなかのもの。「うわー、MOBYなんかあるで誰が歌うねんこんなん(後でワタクシが歌いましたが・・・)、おおっ、M.I.A.もあるやん、じみ~・あっちゃ~」などと言いながら歌本を見ているだけでも結構面白くて。洋楽曲といえば「マイ・ウエイ」かビートルズぐらいしか無かった頃と比べると隔世の感がありますな。

権利問題がうるさいせいか洋楽曲ではまだ少ないけど、本人のPVが見れたり、本人達の演奏で歌える曲なんかもあるし。驚いたのはオリジナルのライブ映像なんてのもあって、歌いましたよアンスラックスの"Got The Time"のラウド・パークでのライブ・バージョン。でもこれ、本人達のライブ映像で自分が歌うというのがなんともひどく違和感がありまして。まー、なりきりタイプの方にはぜひ一度チャレンジしていただきたいものです。

カラオケで洋楽は難しいのでは? と思う方は多いようですが、私には最近の邦楽曲のほうが、やけに早口だったり、曲の構成が変に凝っていて難しく感じたりします。そこで、洋楽曲の中でもこれなら歌いやすいのではと思われる3曲を紹介しましょう。

Under The Bridge / Red Hot Chili Peppers
これはメロディーに起伏が少なく、声域が狭い人でも大丈夫。でもそのせいで、素人が歌うと単調なものになりがちですが・・・

Angel / Aerosmith
「これは難曲なのでは?」という声が聞こえそうですが、意外と単純で歌いやすい曲。サビの部分のヨーデルみたいに声がひっくり返る所さえ決まればなんだか上手いように聞こえてしまうし。

Beth / Kiss
これは本人もコンサートではカラオケで歌っていたぐらいなので、もう「キング・オブ・カラオケ洋楽」といっても良いでしょう。曲が短いのもグー。

身内だけ、あるいは本当に親しい友人たちとならカラオケも楽しいもんですが、忘年会流れや同窓会流れのような場合は、必要以上に「盛り上がる」ことが要求されるのであまり好きにはなれません。なんかみんな強迫観念に取り付かれてるんじゃないかと思うこともしばしばだし。(別の意味で「憑かれた」感じの奴もたいてい一人ぐらいはいて、そっちはオモロイからいいんだけど)もっとも、数年前の同窓会の2次会で、くるりの「ワンダー・フォーゲル」を歌ってドン引きされた経験を持つ(オーバー40の普通の人はくるりなんか知るわけないやん- というのは妻の弁)自分は、「最低限空気ぐらい読めよ」と思われているのかもしれませんが。だから忘年会シーズン突入ではありますが、ここにあげたような曲は身内で楽しまれるのが無難かと。
[PR]
by kingdow | 2007-12-04 12:30 | ・音楽
Luke Skywalker Pilot Maquette その2
a0007287_1724821.jpgこれを手に入れたいきさつに続いてその特徴を。一見、単にミニフィグを大きくしたように見えますが、大きく違うポイントが二つあります。まずひとつめは、左を見てもらえるとわかるように、両手でライトセイバーを握るようにしてあるため、腕が細長くて湾曲しています。そのせいで正面から見ると若干腕が貧弱に見えるのが難点。


もうひとつは、足を踏ん張るような感じで広げていること。これは後ろ姿でよくわかると思います。この2点によって、ミニフィグよりも柔らかい雰囲気が生まれていることがこのマケットの最大の魅力でしょう。










首はマグネットでくっくけるようになっています。








だから向きは自由に変えることができます。






Gentle GiantとLEGOのコラボはこのルークだけでなく、ダース・ベイダーストームトルーパーもありました。この二つはヘルメットが外れるようです。ええなあ。因みに限定で黒トルーパーもあったそうで。来年一月にはボバ・フェットが発売され、日本でもここで買えます。ボーナスで買っちゃおうか・・・・えっ、来年は車検と娘の中学入学準備があるから無理って・・・とほ。
[PR]
by kingdow | 2007-12-02 17:25 | ・レゴ
デレク・トラックス・バンド@クラブ・クアトロ
客の平均年齢が異常に高かった。いつもは自分が平均を押し上げているのではと感じるのに、40代どころか50代以上な雰囲気の白髪頭の人がごろごろ。クラプトン流れなのか?だから超満員なのに押し合いへしあいするようなこともなく、気持ちよく見ることができた。後ろのほうだったけど、うまいぐあいに隙間からよく見えたし。

さてデレク氏ですが、時々笑顔を見せる以外はほとんど無表情な感じだけど、そのぶん指弾きの右手が表情たっぷりで、それだけでも見飽きないぐらい。バンドは巧いけどあくまでデレク氏を立てるといった風で、それほど面白みは無い。ただし、ドラムだけは別。叩きながら百面相みたいにおもろい顔するし、時々叫んだりするしで、彼以外のドラマーだったらもっと全体がちんまりまとまった感じになっただろうと思う。

デレク氏のギターは私の乏しいボキャブラリーでは表現できないほど素晴らしかったけど、ライブ全体としては何故かそれほど満足感が得られなかった。考えられる理由としては、アルバムからの曲が少なかった、特に最も聞きたかったSahib Tei Bandiはイントロしか聞かせてくれなかった、そのせいもあって音楽的なバラエティに乏しいものになった、シッティングのコーナーがやや退屈だった、やっぱり自分はブルース最高人種じゃないなと改めて感じた・・・・などなどが考えられるけど、実際のところは自分でもよくわからない。まあ、あんな弾きっぷりを生で見ることができただけでも良しとしておこう。もっとも私なんて、スライド・ギターと聞けば、今でもまっさきに頭に浮かぶのが、誰がカバやねんロックンロールショーの「何処かでオオカミが哭いている」だったりするので、そんな奴にデレク・トラックスの魅力がわかってたまるかと言われればそれまでですが・・・・


大阪公演のセットリストはこちら
[PR]
by kingdow | 2007-12-02 15:04 | ・音楽



スティーヴン・キング関連書籍専門取り扱い
by kingdow
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新のトラックバック
『クラウド アトラス』お..
from 作曲♪心をこめて作曲します♪
『ロックと共に年をとる』..
from Roko's Favorit..
Perfume 最新情報..
from Nowpie (なうぴー) ..
映画「宇宙人ポール」たま..
from soramove
古典の新訳、
from 雑学的ブログ
『バルタザールの遍歴』 ..
from Roko's Favorit..
「エンジェル・ウォース..
from アタシ、洋画・洋楽・ゴシップ..
ロボットの進化とロボット..
from ロボットの進化とロボットアニ..
あけましておめでとうござ..
from Roko's Favorit..
スティーヴン・キング ハ..
from とっぽい。
以前の記事
2016年 08月
2016年 05月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
タグ
外部リンク
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧