カテゴリ
全体
研究本
雑誌
キングが影響を受けた作家、作品
キングに影響を受けた作家、作品
キング絶賛
その他の関連書籍
その他のキングネタ
音楽辞典
映画
メモ
コレクション
情報
ダーク・タワー
ジョー・ヒル
読書日記
雑記
・音楽
・園芸
・映画
・レゴ
・梨木香歩
・マンガ/アニメ
・ケーキ
・Perfume
・手足ふと短まるこい動くモノ
キング堂 ブログ支店について
スティーヴン・キングに関連する書籍の紹介を中心に、とりとめもなくあれこれと

別館CDレーベル・アルバムもよろしく



フォロー中のブログ
見てから読む?映画の原作
映画・読書日記
SOUL MUSICを聴こう
読書記録゛(どくしょきろぐ)
『どBlog』
LEGO BloG - ...
Web読書手帖
退屈男と本と街
クロムハーツ的考
族長の初夏
きょうのわたくし
超音速備忘録
873仮設所
活字中毒者の小冒険:本の...
I Can Hear M...
Musiquarium
Bird's Shies...
Dalmatian Do...
手足ふと短まるこい動くモノの会
梅田ではたらく社長のblog
サッチモ 週末日記
she's inn
尾びれのついた話
やっぱりLEGOがすきでした


<   2006年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧
CoverFlowがやっと見れたけど
iTunes7をダウンロードしたのですが、ご存知のようにいろいろ不具合があるようで。私の場合は今回のウリ1つであるCoverFlowが「iTunesはこのコンピュータでアルバムのカバーを見ることができません」とかケチつけられて表示できませんでした。バク・フィックスを待つしかないのかと思っていたら、ありがたいことにiTunes7 for Windowsまとめなんてのがあって、それを参考にビデオカードのドライバをバージョン・アップしたらちゃんと表示できるようになりました。

誰かも書いてましたが、私もマメにジャケットを登録していたのでこの機能はウッシッシなわけですが・・・でもなぁ、自分はiTunesやiPodはジューク・ボックス的に割り切った利用をしている(ほとんどシャッフルでしか聞かない)ので、ギャップレス再生と共に実際にはほとんど利用しない機能かも。それになんかあれで選ぶのって余計に面倒な感じじゃないですか?

それとアートワークがちゃんと落ちないのをバグだと思ってる人も多いようですが、「ちゅねとも」や「音ログ」なんかでもそうですが、ジャケットが正しく認識される確率なんて5割ぐらいのもんじゃないでしょうか。ああいうのは間違いなんてしょっちゅうで、キャプテン&テニールを聞いていたら、「音ログ」ではいつもキャプテン・ビーフハートが表示されてました。だからちゃんとしたものが落ちたら儲けぐらいに思っておくほうが良いでしょう。ちなみに昨日追加した10枚は全部ちゃんと落ちたましたが。

あと、自分で登録したジャケットは170ピクセル程度のものが多いのでCoverFlowだと画像が荒くなってしまいますが、iTunes7で自動的に落としたものとかiTunes stroeで買ったものは画像がキレイです。自分で登録する場合も500ピクセルぐらいの大きな画像ならきれいなのか、今度試してみよう。

とりあえずCoverFlowがちゃんと表示できるようになって、ビデオカードのドライバをバージョン・アップしてよかった・・・んだけど、それ以来ディスプレイの両側が黒くなって表示領域が狭くなった(うちのディスプレイはワイドタイプなのに)のはどうすりゃいいんだ?
[PR]
by kingdow | 2006-09-24 22:51 | 雑記
予定にない
9月もあと1週間で終わりか・・・・あっ、『暗黒の塔』まであと一月とちょっとですよ! そこで新刊情報をチェックしたのですが、10月30日発売の新潮文庫の中に『暗黒の塔』はありませんでした。んー、どうなってるんでしょう。遅れているのか? 再読、予習の都合もあるし、早く決まって欲しいところなんですが。

ちなみに10月6日には、文春文庫から短編シリーズ第三弾の『メイプル・ストリートの家』が出ます。
[PR]
by kingdow | 2006-09-23 17:34 | 情報
やっぱりザル
エキサイトの「英数半角のコメント・トラバ拒否機能」、まあ全部英数半角なら、スパムをちゃんと防げるんでしょうが、本文に「縺翫@繧・∪縺ェ繝ュ繝シ」みたいなデタラメな漢字を使ってるだけでダダ漏れですわ。敵のほうが上手ということでしょうか。やれやれ・・・
[PR]
by kingdow | 2006-09-21 18:49 | 雑記
善い恩田陸と悪い恩田陸
『夜のピクニック』
最初この小説のあらすじを知ったとき、キングの『ロングウォーク』に影響された作品か? と思ったのですが、作者の母校で実際に行われている行事を基にしているそうな。どうりで疲れの描写がリアルなわけだ。

解説に「ロングウォークの経験などないのに、まるで過去に経験したかのような感覚を覚えてしまう」とあるように、『スタンド・バイ・ミー』と同様、自分にもこんな経験がある、またはこんな経験があったような気にさせる、あるいはこんな経験が無かった事に対する胸が疼くような後悔を感じさせてくれる。それは作品中の高校生達が、「多くの人たちが共感するような最大公約数」的なものを超えて、もっと普遍的なものを具えているからではないだろうか。もっともそれは、その時代を通り過ぎた世代による、幾分理想化された姿ではあるので、登場人物たちが優等生的過ぎるとか、現実はもっとぐだぐだしてるもんだよと感じる人も少なくは無いだろうという気もするけれど。

固有名詞や時代を特定してしまうような要素を極力排して(キングとは逆のテクニック!)、長く読み継がれる青春小説を目指した周到さが印象に残る。ミステリーっぽい複線も巧い。

私はこれを読んでいるとき、風邪で調子が悪く、定時で仕事を終わりたかったのに片付かなくて残業してへろへろで、普通なら本なんて読みたくないという状態にもかかわらず夢中になり、一駅乗り過ごしてしまったぐらい面白かった。

ただねえ、ロック好きの少年のあの喋り方だけはいただけませんよ。

『Q & A』
『夜のピク』が幅広い読者層に受け入れられる親しみやすさと面白さ、それに理想的―もう小説の中にしか存在し得ないような善良さを持った作品なら、こちらは正反対に不親切でダークサイド丸出しの作品。

対話形式で大型スーパーで起こった惨事の謎を解き明かしていくのかと思いながら読んでいると、次第に話はズレてゆき、ロリコンおやじや不倫カップル、マルチ商法にあやしげな新興宗教など、スーパーの事件にとどまらず、それを取り巻く社会や人々の暗部が描かれてゆく。

ケッチャムやトンプスンみたいな強面な作品なら、初めから読み手を選ぶので問題は無いけど、この作品のように普通な顔をしていて、しかも読みやすくて、こんなにダークな作品を書くなんて、恩田陸はなんて人が悪いんだろうとニヤリとしてしまう。『Q & A』の暗さがあるから『夜のピク』の明るさが引き立つというもので、この2冊はぜひセットで読んで、恩田陸の奥深さというか悪辣さを楽しんでいただきたい。

夜のピクニック
恩田 陸
4101234175
Q&A
恩田 陸
4344006232

[PR]
by kingdow | 2006-09-21 18:43 | 読書日記
スパムトラバ対策をするためにブログをやってるわけではない
右の「最新のトラックバック」を見てくださいよ。はぁ・・・・

誰が言ったか知らないけれど、「ウイルス対策をするためにパソコンを買ったわけではない」というのは名言だと思いますが、現在の私の心境は「スパムトラバ対策をするためにブログをやってるわけではない」という感じです。1日の内で自分の自由になる時間なんて限られているのに、それをクソトラバ対策みたいなしょうもないことに使えるかっつーの。ああ腹が立つ。
[PR]
by kingdow | 2006-09-09 08:22 | 雑記
恐怖の臨界 マーク・ジャンコヴィック
a0007287_7345599.jpg
ゴシック小説の登場以来200年のホラーの歴史は、「恐怖・脅威にさらされた人間」=「犠牲者」という表象をとおして、個人・身体・社会生活に対する権力作用を浮き彫りにした──。恐怖と快楽、欲望と抑圧の理論的臨界点をさぐる。(表紙より)
単純にまとめてしまえば「ホラーは世につれ」ということ。意図的である/無いにかかわらず、ホラーはその時代の人々が抱えている不安を反映しやすい(しやすいというだけで、それを描いているとは限らない)ジャンルだと思うので、本書のような主張はまあ妥当というか、精神分析的なものやジェンダー論を全面に出したものなどよりはずっと共感できた。

キングについても数ページを割いているものの、特に目新しい観点は無く。全体に文章が硬くて読みにくいし、実質200ページにも満たない本に2600円は高すぎ。お勧め度低し。

恐怖の臨界―ホラーの政治学
マーク ジャンコヴィック Mark Jancovich 遠藤 徹


[PR]
by kingdow | 2006-09-09 08:15 | その他の関連書籍
「電話テレパシー」は本当にある?じゃあ音楽テレパシーは?
「電話テレパシー」は本当にある?
わお、ニュー・エイジ! 形態形成場! サンマーク出版!・・・┐(´-`)┌

相変わらずのシェルドレイク節炸裂という感じですが、これが証明されたのなら以下の現象もテレパシーか?

頭の中である曲がぐるぐる回ることはよくあることだと思いますが、私の場合、そうなった日、あるいはその翌日にその曲がラジオから流れることがよくあります。誰かが聞きたいという気持ちを無意識にキャッチするのだろうか? 「その曲を聞きたい気分な場」が形成されているのか?

もし本当にそれがテレパシー的な現象であったとしても・・・クソの役にも立ちませんなぁ。
[PR]
by kingdow | 2006-09-07 12:39 | 雑記
またまたキング絶賛本-奇跡の自転車
またまた新たなキング絶賛本が。タイトルは『奇跡の自転車』
スミシー・アイド、43歳。126キロ。事故で両親を喪った彼は、さらに長年消息不明だった姉の死亡通知を発見する。亡骸が安置されているのはLA。ひとりぼっちになった彼は酒とタバコとジャンクフードに別れを告げ、少年時代の自転車で東海岸を後にした――。重傷を負ったS・キングを癒した、魂と肉体の再生を謳う感涙の物語。 (新潮社サイトより)
帯には「みんなでこの作品を出版させて、歴史を創ろう-スティーヴン・キング」と書かれてます。

奇跡の自転車
ロン・マクラーティ 森田 義信
4105053515

[PR]
by kingdow | 2006-09-03 14:58 | 情報



スティーヴン・キング関連書籍専門取り扱い
by kingdow
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新のトラックバック
『クラウド アトラス』お..
from 作曲♪心をこめて作曲します♪
『ロックと共に年をとる』..
from Roko's Favorit..
Perfume 最新情報..
from Nowpie (なうぴー) ..
映画「宇宙人ポール」たま..
from soramove
古典の新訳、
from 雑学的ブログ
『バルタザールの遍歴』 ..
from Roko's Favorit..
「エンジェル・ウォース..
from アタシ、洋画・洋楽・ゴシップ..
ロボットの進化とロボット..
from ロボットの進化とロボットアニ..
あけましておめでとうござ..
from Roko's Favorit..
スティーヴン・キング ハ..
from とっぽい。
以前の記事
2016年 08月
2016年 05月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
タグ
外部リンク
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧