カテゴリ
全体
研究本
雑誌
キングが影響を受けた作家、作品
キングに影響を受けた作家、作品
キング絶賛
その他の関連書籍
その他のキングネタ
音楽辞典
映画
メモ
コレクション
情報
ダーク・タワー
ジョー・ヒル
読書日記
雑記
・音楽
・園芸
・映画
・レゴ
・梨木香歩
・マンガ/アニメ
・ケーキ
・Perfume
・手足ふと短まるこい動くモノ
キング堂 ブログ支店について
スティーヴン・キングに関連する書籍の紹介を中心に、とりとめもなくあれこれと

別館CDレーベル・アルバムもよろしく



フォロー中のブログ
見てから読む?映画の原作
映画・読書日記
SOUL MUSICを聴こう
読書記録゛(どくしょきろぐ)
『どBlog』
LEGO BloG - ...
Web読書手帖
退屈男と本と街
クロムハーツ的考
族長の初夏
きょうのわたくし
超音速備忘録
873仮設所
活字中毒者の小冒険:本の...
I Can Hear M...
Musiquarium
Bird's Shies...
Dalmatian Do...
手足ふと短まるこい動くモノの会
梅田ではたらく社長のblog
サッチモ 週末日記
she's inn
尾びれのついた話
やっぱりLEGOがすきでした


カテゴリ:・Perfume( 24 )
公式アンバサダー?


びっくりです。

アップルの発表会にPerfumeが出てます! 出てます!!!!!!
[PR]
by kingdow | 2015-09-10 07:39 | ・Perfume
ニューヨーク!
Perfumeワールドツアー終幕、初ニューヨーク公演は興奮の渦に
Perfume、3回目のワールドツアー 初ニューヨーク公演で「皆さんが私たちの夢を叶えてくれた」
すごいよPerfume ! NY公演大成功!
PerfumeがNY公演の夢実現


なによりも普段通りだったことが最高だった。初のアメリカ公演、特別な想いも、意気込みも、配慮や工夫も、不安も、いろいろあったはずだけど、気負いを見せずいい感じに肩の力が抜けていて、「いつものPerfume」を届けられたことがなによりだったと思う。その普段通りであれだけ会場を沸かせたんだからたいしたもの。MSGも夢じゃないよもう!
[PR]
by kingdow | 2014-11-17 16:50 | ・Perfume
Perfume 5th Tour 2014「ぐるんぐるん」参戦記
8月19日、20日大阪、9月5日名古屋に行きました。行く前は妻の入院や、自分も今年の健康診断ひっかかりまくりで再検査など病院通いが続いたり、ニューシングルの「Cling Cling」があんまり気に入ってないこともあって、いまひとつ気分が上がらず、「もしかして熱が冷めてきた?」とも思っていたのですが、実際行ってみたらそれはもう素晴らしいライブでした。

ツアーはまだ続くので内容についてはあまり書けませんが、演出が凝りまくりだった昨年末のドーム公演に比べると、ぐっとシンプルになって3人のパフォーマンスをじっくり見せる方向に変わっていたのがなにより嬉しくて。「最先端テクノロジーを使った演出」が話題になるのは結構だけど、それだけじゃないのに、ともやもやした気持ちを抱えていたファンも多かったのではないかと思うし。セットリストは個人的に好きな曲が多かったので文句無し、でもアンコール曲(今のところ)3曲のローテーションのうち、一番聞きたかった曲にはあたらなかったことだけが心残りではあります。(明日東京公演の最後の追加席発売やで、という悪魔のささやきが・・・・)

大阪1日目はファンクラブ先行なのにまさかのスタンド最後列。それでも会場全体が見渡せて最高。2日目もやはりスタンドだけど中央通路のすぐ後ろの端席、しかもステージ真正面付近だったので、全く視界を遮るもののない状態ですべての演出を、特に虹色のレーザーの乱舞を堪能できたので最高。そして名古屋ではついにアリーナ11列! 出島の通路横で、間近で見る3人の美しさに感涙。「あまり前だと半分ぐらいは後ろ姿を見ることになる」とは聞いていましたが、なんの初めてみる後ろ姿もたまらん、それに評判のガイシホールの重低音は「次のツアーでも絶対ここに来る!」と思わせるほどで最高。しかもこの日は自分の誕生日で、誕生日をパフュのライブで過ごせるなんて、最高以上の言葉があればいいのに。とにかくPerfumeのライブは見る場所によって違う発見や違う楽しみがあるのでどこで見ても最高だし、何度も足を運びたくなってしまうのです。

それにしてもなぜ自分はこんなにもPerfumeのライブに惹かれるのか? 理由は一つではないけれど、もっとも大きなものは「こんなに純粋に楽しく、愛に溢れた場所は他にない」と感じられるから。初めて彼女たちのライブに行ったのはJPNツアーの神戸公演でしたが、その当時はまだ民主党政権で、震災の記憶もまだ生々しく、長引くデフレスパイラルから抜け出せず日本全体が沈んでいた時期でした。しかしそんな中でPerfumeのライブ会場だけは、3人が全力を尽くし、スタッフがそれに応え、観客のテンションが上がり、それを感じたPerfumeがさらにキラキラ輝いて・・・と、デフレスパイラルとは真逆の愛と楽しさと誠実さのスパイラルが会場を包んでいたことに衝撃を受けたものでした。おいおい、「愛のスパイラル」ってなんやねんと自分でツッコミを入れないといけないほど書いていて恥ずかしいんですが、本当にそうとしか言いようがないのですいません。

私は常から「人間ドラマが素晴らしいとかぬかすやつはXね」と思っていて、楽しいこと、面白いこと、美しいことへの評価が低いことが不満でなりません。そりゃあ評論家、文筆家が「面白かった」では済まないのは当然としても、一般の人たちでも一体何に洗脳されてるのか「綺麗なだけで内容がない」などとドヤ顔で語るのにはウンザリです。要領のいい奴だけが得をして、正直に生きてる者がバカを見る的な歪んだ風潮にもそう。Perfumeのライブにはそんな屁理屈や不誠実さが入り込む余地はないし、またこの時代にビジネス臭がないのも奇跡的ではないかと。ささやかだけれどそんな世界が実際にあるということだけで、生きる希望が湧いてくる・・・・ってどうしたオレ、でもしつこいようだけどほんとうにそうなんです、すいません。

ライブ自体の素晴らしさはもちろんのこと、全て娘と一緒に行けたことも嬉しかったなあ。大阪初日の夜、ライブの感想を中心に夜中まで話し込んだことも、名古屋ではライブのみならずひつまぶし、手羽先、シロノワールなど名古屋メシを堪能したことも、全てPerfumeのおかげです。

さあ今から次のツアーのために貯金しなくっちゃ。娘と一緒はいいけどチケット代も他も全部こっち持ちやからスッカラカンですし。
a0007287_2281556.jpg

[PR]
by kingdow | 2014-09-07 22:10 | ・Perfume
Perfume 4th Tour in DOME 「LEVEL3」は最高傑作
昨日ようやく『Perfume 4th Tour in DOME 「LEVEL3」』を見ました。もう一言で済みます。「最高傑作」です。WOWWOWで見たから必要ないって? あんなものは単なるダイジェスト、予告編にしかすぎません。

今まで彼女たちはその物語性で多くのおっさんたちファンを泣かせてきましたが、今作ではかっこよすぎて涙が出るという事態に。2曲目から既にやばいがやはりハイライトは「Party Maker」、かしゆかの止めポーズで涙腺崩壊、「Spending all my time」ののっちのせり上がりに戦慄、大掛かりな演出、最先端の技術で魅せたすぐ後の、それらに全くひけをとらない「コンピューターシティ」の強度、あ~ちゃんのMCの冴えっぷり、ドームでさえもう自分たちのホームにしてしまった貫禄と最高の笑顔。ブルーレイ最高!! いやもうたまりません。

ひとつだけ文句を言うとしたら・・・・京セラはリハーサルやったんかい・・・・まあ仕方ないですね。これには収録されていない「靴下」が見れたからいいもんね。

それにしても、アルバムはもちろんシングルでもインタビューやTV局、ラジオ局回りをするのに、映像作品ではそうしたプロモーションを行わないのが不思議です。業界の旧態依然とした考え方のせいなのか、もったいないと思います。

それとこんなものも。
Perfumeグローバルサイトでドームツアー3D演出追体験

会場で3Dスキャンしてもらったので遊んでいます。
a0007287_1522842.jpg

a0007287_1523490.jpg

a0007287_15232426.jpg

Perfumeにつままれたぁぁぁーーー・・・昨日の鬱モードはどこへ?

Perfume 4th Tour in DOME 「LEVEL3」 (初回限定盤) [Blu-ray]
[PR]
by kingdow | 2014-04-13 15:30 | ・Perfume
盗撮はアカン! でも・・・
盗撮は犯罪です! それをまた堂々とアップロードするなんて! またそれを楽しんだり、紹介したりするのもアカンよ! でもこれは・・・・最高すぎる


しかし今回のかしゆかフライデーの件、本スレの反応を見ていたらおまえらどんだけ友達おれへんねん、おまえらどんだけ遊んでないねんと不憫でしかたありません。頻繁にクラブでDJして現場感を大切にしているヤスタカの作る音楽を、クラブ文化など全く理解する気もない人たちが買い支えているわけですか、面白いですね。
[PR]
by kingdow | 2013-07-12 07:42 | ・Perfume
「が」ではなく「も」
a0007287_1238113.jpg

「Perfume WORLD TOUR 2nd」イギリス公演 ライブ・ビューイングに娘と一緒に行ってきました。土曜日の午前四時からの生中継に。会場が家から遠いので、会社終りで梅田に出て、ご飯食べてビジネスホテルへ。3時に起きれるかどうか心配だったのと、期待でワクワクなのが合わさって、午前1時に目が覚めてからはもう寝られませんでした。遠足前日の小学生気分をこの歳になって味わうとは!

さてライブはいつものように素晴らしかったわけですが、この「いつものように」というのが大きなポイントだったと思います。日本のアーティストの海外進出といえば、今まではあちらのスタイルに合わせようとすることで、逆に本来の魅力まで失われてしまうようなことが多々あったかと思われますが、彼女たちは本当にそのまんま、どこへ行ってもいつも通りな所がなんとも清々しい。ただ、カンヌと同じプロジェクション・マッピングを使った演出は、映画館の大スクリーンでの迫力と美しさは抜群だったものの、既に何度も何度も動画で繰り返し見たものだし、先日の対バン・ライブを見ていたので、セットリストもやや似た感じだなあと・・・要するに最近の活動の集大成的なものであっただけに、楽しいけれど新鮮味には少し欠けるなと贅沢なことを感じていたら、最後にやられました。

アンコールは3曲のリストの中から観客に選ばせる方式だったのですが、ここで選ばれたのが「GLITTER」。この曲はJPNツアーでは乱舞するレーザーの凝った演出が印象的で、Perfumeワンマンライブの真骨頂と言うべきものでしたが、このロンドン公演では特別な演出もない素のまんま。それがもう最高にかっこよくて思わず涙が。ああ、なんにもなしでも自分達はやれるという自信があるからこそ普段通りのライブが出来るんだ、その基礎の上に乗っかるから様々な演出があんなにも映えるんだと。決して「最先端技術を使った演出が魅力的なライブ」ではなく「最先端技術を使った演出も魅力的なライブ」なんだと改めて認識しました。

なにをもって海外進出が成功したかとするのか。一般的には何らかの数字を残してこそという判断なんでしょうが、彼女たちの場合は配信でもフィジカルでも、ファンが簡単に楽曲やアルバムを購入できて、待っているファンのために時々海外でライブができればそれでいいのでは、数字など追い求める必要などないのではと思えてなりません。というか幸せそうな海外のファンの皆さんの顔を見ていると「海外進出」という言葉自体が少々下品と思える、そんな印象を残したロンドン公演でした。
[PR]
by kingdow | 2013-07-11 12:45 | ・Perfume
「ずっと好きだったんじゃけぇ~さすらいの麺カタPerfume FES!!」@Zepp Namba
a0007287_8245184.jpg

全てが予想と違っていた。最初にPerfumeフェス開催と聞いた時には、どこか大きな会場でPerfumeにゆかりのあるアーティストたちを集めて行うと思ったのに、まさかの対バン形式、しかもライブハウス! 対バンといっても実際はPerfumeファンばかりだろうと思っていたのに、実際に会場に着いたらホルモンTの多いこと! ファンの割合は ほぼ半々だったかも。激レアチケット手に入れて会場に駆けつけるのは男ばかりなのでは→私の周りは女性ばかり。ありがたかったけど気を使いましたよ。 和気藹々としたユルめのライブになるかも→ガチもええとこ、かしゆかもMCで触れていたけどホルモンの真剣勝負の気迫はとんでもなかった。 いや逆にホルモンに対抗するために徹底的な攻めのセットリストになるのでは→中盤「マカロニ」「SEVENTH HEAVEN」「スパイス」とミドルテンポの連続とか! 共演ありと聞いて、「チューチュー ラブリー ムニムニ ムラムラ プリンプリン ボロン ヌルル レロレロ」希望、3人が交代で「大学生もいいな、高校生もいいな、中学生もいいけどね」と歌う姿を妄想→まさかのナヲ姐と4人で「チョコレイト・ディスコ」とは!! 唯一当たった予想は、ヨーロッパ・ツアーに向けて生歌率が上がるのでは、ということだけだった。

昨年は20万人以上動員のアリーナ・ツアーを完全ソールドアウトさせたぐらいだし、もはや彼女たちをライブハウスで体験しようと思ったら海外にでも行くしかないのかと 悲観していたので、まさかZeppで見れるなんて、しかも先行予約で一発で当たるなんて。今年の運を使い果たしたかも、でも一度はライブハウスでという望みが叶って本当に幸せ。演出や照明が完璧なワンマンライブでないとPerfumeの魅力は味わえないと思っている人もいるみたいだけど、何もなくても成立するし、それどころか全く違うモードの「ほんとうはこっちがホーム」とでもいうべき魅力に溢れていて・・・・しかしこういう感想はすぐに書かないとあきませんね。あれだけ楽しかった、感激したライブが、もはやカンヌのパフォーマンスで上書きされてしまって。対バンライブのたった二日後やもんなあ。まさに「最新のPerfumeが最高のPerfume」、恐るべしPerfume。
[PR]
by kingdow | 2013-06-23 10:34 | ・Perfume
Perfume@カンヌ


先週の金曜日は韓国で「ULTRA KOREA 2013」に出演、月曜日と火曜日はマキシマム ザ ホルモンとの対バンライブ、その終演部分をUSTREAMでファンクラブ向けに生中継、秋にニューアルバムの発売と12月の東京・大阪 2大ドームライブ決定の告知、水曜日には日本を含む116ヵ国のiTunesにてシングル「リニアモーターガール」以降の楽曲を配信、同日YouTube の「Perfume Official Channel」でPVのフルサイズ配信がスタート、そして最後は昨日の「カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル」出演と、怒涛のPerfume Weekだったわけですが、月曜日の対バンライブだけで腹いっぱい、カンヌなんてどうせちょろっと出るだけでしょ? と思っていたらこれですよ。

JPN新参の私ですが、昨日のカンヌ生中継を見て「ああ、間に合ってよかった」としみじみ思いました。それと、ほとんど親目線で「ほんまにようがんばったね」と涙が。しかしふり幅大きいなあ。

これで7月6日のライブ・ビューイングがますます楽しみになりました。(私はもちろん朝4時に行きますよ!)

先日ラジオで「ときめきが免疫力を高める」と聞きましたが、自分絶対高まってるわ、ありがたいことです。

おまけ
a0007287_6375655.jpg

これが写真・・・・だと? 他の写真もこちらにあります。
[PR]
by kingdow | 2013-06-21 07:41 | ・Perfume
当たったーーーーーーーー
Perfumeの対バンライブ「ずっと好きだったんじゃけぇ~さすらいの麺カタPerfume FES!!」の大阪公演、ファンクラブ先行予約で当選しましたーーーーーー!!!

Twitterや2ちゃんの本スレを見てても阿鼻叫喚状態で、当選確率はかなり低かったようです。GAMEツアーのDVDを見ながら、「日本ではもうこんな小さい会場で彼女たちを見ることはできないんやろうな」と悔し涙にくれていた新参者にとっては、ライブハウスでPerfumeが見れることだけで感無量です。ありがとうございます。

さあ、対バン相手のマキシマム ザ ホルモンの予習をしなくっちゃ。

だだただ、だいじょうぶかなあ・・・・・・
[PR]
by kingdow | 2013-04-07 09:37 | ・Perfume
Perfume FES!!
初開催「Perfume FES」に斉藤和義、奥田民生、ホルモン

Perfume 奥田、斉藤と異色対決

えらいこっちゃあああああああああああああああ!!
Perfumeをライブハウスで見れるううううううううう!!
ただしチケットが取れたらですけどね・・・・・
全6公演を足しても収容人数は1万3000ほど。昨年のツアーで20万人を動員したPerfumeはもちろん、共演者も動員力があるだけに、し烈なチケット争奪戦が繰り広げられそうだ。

追加 Perfumeが民生、和義と共演ライブ
関係者によると、協議は進み、互いのヒット曲をそれぞれが歌い、Perfumeが生バンドで歌うことを前提に、選曲にも入っているという。メンバーは「妄想は膨らむばかりです。最高に異種なライブツアーになりそうです」と話している。
生バンドで歌う・・・・だと??

未来のミュージアム(初回限定盤)
[PR]
by kingdow | 2013-03-14 07:55 | ・Perfume



スティーヴン・キング関連書籍専門取り扱い
by kingdow
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新のトラックバック
『クラウド アトラス』お..
from 作曲♪心をこめて作曲します♪
『ロックと共に年をとる』..
from Roko's Favorit..
Perfume 最新情報..
from Nowpie (なうぴー) ..
映画「宇宙人ポール」たま..
from soramove
古典の新訳、
from 雑学的ブログ
『バルタザールの遍歴』 ..
from Roko's Favorit..
「エンジェル・ウォース..
from アタシ、洋画・洋楽・ゴシップ..
ロボットの進化とロボット..
from ロボットの進化とロボットアニ..
あけましておめでとうござ..
from Roko's Favorit..
スティーヴン・キング ハ..
from とっぽい。
以前の記事
2016年 08月
2016年 05月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
タグ
外部リンク
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧